Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Structクラス

class Struct

クラスの継承リスト: Struct < Enumerable < Object < Kernel < BasicObject

要約

構造体クラス。Struct.new はこのクラスのサブクラスを新たに生成します。

個々の構造体はサブクラスから Struct.new を使って生成します。個々 の構造体サブクラスでは構造体のメンバに対するアクセスメソッドが定義され ています。

目次

特異メソッド
[] new members
インスタンスメソッド
== [] []= dig each each_pair eql? equal? hash inspect to_s length size members select to_a values to_h values_at

特異メソッド

new(*args) -> Class[permalink][rdoc]
new(*args) {|Class| block } -> Class

Struct クラスに新しいサブクラスを作って、それを返します。

サブクラスでは構造体のメンバに対するアクセスメソッドが定義されています。

dog = Struct.new("Dog", :name, :age)
fred = dog.new("fred", 5)
fred.age = 6
printf "name:%s age:%d", fred.name, fred.age
#=> "name:fred age:6" を出力します

実装の都合により、クラス名の省略は後づけの機能でした。 メンバ名に String を指定できるのは後方互換性のためだと考えた方が良いでしょう。 したがって、メンバ名は Symbol で指定するのが無難です。

[PARAM] args:
構造体を定義するための可変長引数。String または Symbol を指定します。

第一引数が String の場合

args[0] が String の場合、クラス名になるので、大文字で始まる必要 があります。つまり、以下のような指定はエラーになります。

p Struct.new('foo', 'bar')
# => -:1:in `new': identifier foo needs to be constant (NameError)

また args[1..-1] は、SymbolString で指定します。

p Struct.new("Foo", :foo, :bar)   # => Struct::Foo

第一引数が Symbol の場合

args[0] が Symbol の場合、生成した構造体クラスは名前の無い クラスになります。名前の無いクラスは最初に名前を求める際に代入され ている定数名を検索し、見つかった定数名をクラス名とします。

Foo = Struct.new(:foo, :bar)
p Foo                             # => Foo

ブロックを指定した場合

Struct.new にブロックを指定した場合は定義した Struct をコンテキストにブ ロックを評価します。また、定義した Struct はブロックパラメータにも渡さ れます。

Customer = Struct.new(:name, :address) do
  def greeting
    "Hello #{name}!"
  end
end
Customer.new("Dave", "123 Main").greeting # => "Hello Dave!"

Structをカスタマイズする場合はこの方法が推奨されます。無名クラスのサブ クラスを作成する方法でカスタマイズする場合は無名クラスが使用されなくなっ てしまうことがあるためです。

[SEE_ALSO] Class.new

new(*args) -> Struct[permalink][rdoc]
self[*args] -> Struct

(このメソッドは Struct の下位クラスにのみ定義されています) 構造体オブジェクトを生成して返します。

[PARAM] args:
構造体の初期値を指定します。メンバの初期値は指定されなければ nil です。
[RETURN]
構造体クラスのインスタンス。
[EXCEPTION] ArgumentError:
構造体のメンバの数よりも多くの引数を指定した場合に発生します。
Foo = Struct.new(:foo, :bar)
foo = Foo.new(1)
p foo.values      # => [1, nil]
members -> [Symbol][permalink][rdoc]

(このメソッドは Struct の下位クラスにのみ定義されています) 構造体のメンバの名前(Symbol)の配列を返します。

Foo = Struct.new(:foo, :bar)
p Foo.members      # => [:foo, :bar]

インスタンスメソッド

self == other -> bool[permalink][rdoc]

self と other のクラスが同じであり、各メンバが == メソッドで比較して等しい場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

[PARAM] other:
self と比較したいオブジェクトを指定します。
Dog = Struct.new(:name, :age)
dog1 = Dog.new("fred", 5)
dog2 = Dog.new("fred", 5)

p dog1 == dog2                #=> true
p dog1.eql?(dog2)             #=> true
p dog1.equal?(dog2)           #=> false

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び 出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に 注意してください。

[SEE_ALSO] Struct#eql?

self[member] -> object[permalink][rdoc]

構造体のメンバの値を返します。

[PARAM] member:
Fixnum でメンバのインデックスを指定します。 Symbol, String でメンバの名前を指定します。
[EXCEPTION] IndexError:
member が整数で存在しないメンバを指定した場合に発生します。
[EXCEPTION] NameError:
member が String, Symbol で存在しないメンバを指定した場合に発生します。
Foo = Struct.new(:foo, :bar)
obj = Foo.new('FOO', 'BAR')
p obj[:foo]     # => "FOO"
p obj['bar']    # => "BAR"
# p obj[:baz]     # => in `[]': no member 'baz' in struct (NameError)
p obj[0]        # => "FOO"
p obj[1]        # => "BAR"
p obj[-1]       # => "BAR"    # Array のように負のインデックスも指定できます。
p obj[2]        # => in `[]': offset 2 too large for struct(size:2) (IndexError)

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び 出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に 注意してください。

self[member] = value[permalink][rdoc]

構造体の member で指定されたメンバの値を value にして value を返します。

[PARAM] member:
Fixnum でメンバのインデックスを指定します。 Symbol, String でメンバの名前を指定します。
[PARAM] value:
メンバに設定する値を指定します。
[EXCEPTION] IndexError:
member が整数で存在しないメンバを指定した場合に発生します。
[EXCEPTION] NameError:
member が String, Symbol で存在しないメンバを指定した場合に発生します。

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び 出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に 注意してください。

dig(key, ...) -> object | nil[permalink][rdoc]

self 以下のネストしたオブジェクトを dig メソッドで再帰的に参照して返し ます。途中のオブジェクトが nil であった場合は nil を返します。

[PARAM] key:
キーを任意個指定します。
klass = Struct.new(:a)
o = klass.new(klass.new({b: [1, 2, 3]}))

o.dig(:a, :a, :b, 0)              # => 1
o.dig(:b, 0)                      # => nil

[SEE_ALSO] Array#dig, Hash#dig, OpenStruct#dig

each {|value| ... } -> self[permalink][rdoc]
each -> Enumerator

構造体の各メンバに対して繰り返します。

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び 出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に 注意してください。

each_pair {|member, value| ... } -> self[permalink][rdoc]
each_pair -> Enumerator

構造体のメンバ名(Symbol)と値の組を引数にブロックを繰り返し実行します。

Foo = Struct.new(:foo, :bar)
Foo.new('FOO', 'BAR').each_pair {|m, v| p [m,v]}
# => [:foo, "FOO"]
     [:bar, "BAR"]

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び 出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に 注意してください。

eql?(other) -> bool[permalink][rdoc]

self と other のクラスが同じであり、各メンバが eql? メソッドで比較して等しい場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

[PARAM] other:
self と比較したいオブジェクトを指定します。
Dog = Struct.new(:name, :age)
dog1 = Dog.new("fred", 5)
dog2 = Dog.new("fred", 5)

p dog1 == dog2                #=> true
p dog1.eql?(dog2)             #=> true
p dog1.equal?(dog2)           #=> false

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び 出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に 注意してください。

[SEE_ALSO] Struct#==

equal?(other) -> bool[permalink][rdoc]

指定された other が self 自身である場合のみ真を返します。 これは Object クラスで定義されたデフォルトの動作で す。

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び 出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に 注意してください。

[SEE_ALSO] Struct#eql?, Struct#==

hash -> Integer[permalink][rdoc]

self が保持するメンバのハッシュ値を元にして算出した整数を返します。 self が保持するメンバの値が変化すればこのメソッドが返す値も変化します。

Dog = Struct.new(:name, :age)
dog = Dog.new("fred", 5)
p dog.hash                    #=> 7917421
dog.name = "john"
p dog.hash                    #=> -38913223

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び 出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に 注意してください。

inspect -> String[permalink][rdoc]
to_s -> String

self の内容を人間に読みやすい文字列にして返します。

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び 出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に 注意してください。

length -> Fixnum[permalink][rdoc]
size -> Fixnum

構造体のメンバの数を返します。

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び 出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に 注意してください。

members -> [String][permalink][rdoc]

構造体のメンバの名前(文字列)の配列を返します。

Foo = Struct.new(:foo, :bar)
p Foo.new.members  # => ["foo", "bar"]

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び 出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に 注意してください。

select {|i| ... } -> [object][permalink][rdoc]
select -> Enumerator

構造体のメンバの値に対してブロックを評価した値が真であった要素を全て含 む配列を返します。真になる要素がひとつもなかった場合は空の配列を返しま す。

ブロックを省略した場合は、各要素に対しブロックを評価し 真になった値の配 列を返すような Enumerator を返します。

Lots = Struct.new(:a, :b, :c, :d, :e, :f)
l = Lots.new(11, 22, 33, 44, 55, 66)
l.select {|v| (v % 2).zero? }   #=> [22, 44, 66]

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び 出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に 注意してください。

[SEE_ALSO] Enumerable#select

values -> [object][permalink][rdoc]
to_a -> [object]

構造体のメンバの値を配列にいれて返します。

例えば以下のようにして passwd のエントリを出力できます。

require 'etc'
print Etc.getpwuid.values.join(":"), "\n"

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び 出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に 注意してください。

to_h -> Hash[permalink][rdoc]

self のメンバ名(Symbol)と値の組を Hash にして返します。

Customer = Struct.new(:name, :address, :zip)
Customer.new("Joe Smith", "123 Maple, Anytown NC", 12345).to_h
# => {:name=>"Joe Smith", :address=>"123 Maple, Anytown NC", :zip=>12345}

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び 出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に 注意してください。

values_at(*members) -> [object][permalink][rdoc]

引数で指定されたメンバの値の配列を返します。

[PARAM] members:
FixnumRange でメンバのインデックスを指定します。
[EXCEPTION] IndexError:
member が整数で存在しないメンバを指定した場合に発生します。
Foo = Struct.new(:foo, :bar, :baz)
obj = Foo.new('FOO', 'BAR', 'BAZ')
p obj.values_at(0, 1, 2)    # => ["FOO", "BAR", "BAZ"]

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び 出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に 注意してください。