Ruby 2.6.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > net/imapライブラリ > Net::IMAP::BodyTypeMultipartクラス

class Net::IMAP::BodyTypeMultipart

クラスの継承リスト: Net::IMAP::BodyTypeMultipart < Struct < Enumerable < Object < Kernel < BasicObject

要約

マルチパートなメッセージを表すクラスです。

詳しくは MIME のRFC([RFC2045])を参照してください。

目次

インスタンスメソッド
disposition extension language media_subtype subtype media_type multipart? param parts

インスタンスメソッド

disposition -> Net::IMAP::ContentDisposition | nil[permalink][rdoc]

Content-Dispotition の値を返します。

Net::IMAP::ContentDisposition オブジェクトを返します。

[SEE_ALSO] [RFC1806], [RFC2183]

extension -> Array | nil[permalink][rdoc]

メッセージの拡張データを返します。

language -> String | [String] | nil[permalink][rdoc]

[RFC1766] で定義されているボディ言語を表わす 文字列もしくは文字列の配列を返します。

subtype -> String[permalink][rdoc]
media_subtype -> String

MIME のメディアタイプのサブタイプを返します。

media_subtype は obsolete です。

[SEE_ALSO] [RFC2045], Net::IMAP::BodyTypeText#media_type

media_type -> String[permalink][rdoc]

MIME のメディアタイプを返します。

"MULTIPART" を返します。

[SEE_ALSO] Net::IMAP::BodyTypeMultipart#subtype

multipart? -> bool[permalink][rdoc]

マルチパートかどうかを返します。 true を返します。

param -> { String => String }[permalink][rdoc]

MIME のボディパラメータをハッシュテーブルで返します。

ハッシュテーブルのキーがパラメータ名となります。

[SEE_ALSO] [RFC2045]

parts -> [Net::IMAP::BodyTypeBasic | Net::IMAP::BodyTypeText | Net::IMAP::BodyTypeMessage | Net::IMAP::BodyTypeMultipart][permalink][rdoc]

マルチパートの各部分を返します。