Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > MatchDataクラス

class MatchData

クラスの継承リスト: MatchData < Object < Kernel < BasicObject

要約

正規表現のマッチに関する情報を扱うためのクラス。

このクラスのインスタンスは、

などにより得られます。

目次

インスタンスメソッド
== eql? [] begin captures end hash inspect length size names offset post_match pre_match regexp string to_a to_s values_at

インスタンスメソッド

eql?(other) -> bool[permalink][rdoc]
self == other -> bool

self と other のマッチ対象になった文字列、元になった正規表現オブジェク ト、マッチした位置が等しければ true を返します。そうでない場合には false を返します。

[PARAM] other:
比較対象のオブジェクトを指定します。
self[n] -> String | nil[permalink][rdoc]

n 番目の部分文字列を返します。

0 はマッチ全体を意味します。 n の値が負の時には末尾からのインデックスと見倣します(末尾の 要素が -1 番目)。n 番目の要素が存在しない時には nil を返します。

[PARAM] n:
返す部分文字列のインデックスを指定します。
/(foo)(bar)(BAZ)?/ =~ "foobarbaz"
p $~.to_a       # => ["foobar", "foo", "bar", nil]
p $~[0]         # => "foobar"
p $~[1]         # => "foo"
p $~[2]         # => "bar"
p $~[3]         # => nil        (マッチしていない)
p $~[4]         # => nil        (範囲外)
p $~[-2]        # => "bar"
self[range] -> [String][permalink][rdoc]

Range オブジェクト range の範囲にある要素からなる部分配列を返します。

[PARAM] range:
start..end 範囲式。
/(foo)(bar)/ =~ "foobarbaz"
p $~[0..2]      # => ["foobar", "foo", "bar"]
self[start, length] -> [String][permalink][rdoc]

start 番目から length 個の要素を含む部分配列を返します。

/(foo)(bar)/ =~ "foobarbaz"
p $~[0, 3]      # => ["foobar", "foo", "bar"]

[SEE_ALSO] Array#[]

self[name] -> String | nil[permalink][rdoc]

name という名前付きグループにマッチした文字列を返します。

[PARAM] name:
名前(シンボルか文字列)
[EXCEPTION] IndexError:
指定した名前が正規表現内に含まれていない場合に発生します
/\$(?<dollars>\d+)\.(?<cents>\d+)/.match("$3.67")[:cents] # => "67"
/(?<alpha>[a-zA-Z]+)|(?<num>\d+)/.match("aZq")[:num] # => nil
begin(n) -> Fixnum | nil[permalink][rdoc]

n 番目の部分文字列先頭のオフセットを返します。

0 はマッチ全体を意味します。 n 番目の部分文字列がマッチしていなければ nilを返します。

[PARAM] n:
部分文字列を指定する数値。
[EXCEPTION] IndexError:
範囲外の n を指定した場合に発生します。
/(foo)(bar)(BAZ)?/ =~ "foobarbaz"
p $~.begin(0)   # => 0
p $~.begin(1)   # => 0
p $~.begin(2)   # => 3
p $~.begin(3)   # => nil
p $~.begin(4)   # => `begin': index 4 out of matches (IndexError)

[SEE_ALSO] MatchData#end

captures -> [String][permalink][rdoc]

$1, $2, ... を格納した配列を返します。

MatchData#to_a と異なり $& を要素に含みません。 グループにマッチした部分文字列がなければ対応する要素は nil になります。

/(foo)(bar)(BAZ)?/ =~ "foobarbaz"
p $~.to_a       # => ["foobar", "foo", "bar", nil]
p $~.captures       # => ["foo", "bar", nil]

[SEE_ALSO] MatchData#to_a

end(n) -> Fixnum | nil[permalink][rdoc]

n 番目の部分文字列終端のオフセットを返します。

0 はマッチ全体を意味します。 n 番目の部分文字列がマッチしていなければ nil を返します。

[PARAM] n:
部分文字列を指定する数値。
[EXCEPTION] IndexError:
範囲外の n を指定した場合に発生します。
/(foo)(bar)(BAZ)?/ =~ "foobarbaz"
p $~.end(0)   # => 6
p $~.end(1)   # => 3
p $~.end(2)   # => 6
p $~.end(3)   # => nil
p $~.end(4)   # => `end': index 4 out of matches (IndexError)

[SEE_ALSO] MatchData#begin

hash -> Integer[permalink][rdoc]

self のマッチ対象になった文字列、元になった正規表現オブジェクト、マッチ した位置を元にハッシュ値を計算して返します。

inspect -> String[permalink][rdoc]

self の内容を人間に読みやすい文字列にして返します。

puts /.$/.match("foo").inspect
# => #<MatchData "o">

puts /(.)(.)(.)/.match("foo").inspect
# => #<MatchData "foo" 1:"f" 2:"o" 3:"o">

puts /(.)(.)?(.)/.match("fo").inspect
# => #<MatchData "fo" 1:"f" 2:nil 3:"o">

puts /(?<foo>.)(?<bar>.)(?<baz>.)/.match("hoge").inspect
# => #<MatchData "hog" foo:"h" bar:"o" baz:"g">
length -> Fixnum[permalink][rdoc]
size -> Fixnum

部分文字列の数を返します(self.to_a.size と同じです)。

/(foo)(bar)(BAZ)?/ =~ "foobarbaz"
p $~.size       # => 4
names -> [String][permalink][rdoc]

名前付きキャプチャの名前を文字列配列で返します。

self.regexp.names と同じです。

/(?<foo>.)(?<bar>.)(?<baz>.)/.match("hoge").names
#=> ["foo", "bar", "baz"]

m = /(?<x>.)(?<y>.)?/.match("a") #=> #<MatchData "a" x:"a" y:nil>
m.names                          #=> ["x", "y"]
offset(n) -> [Fixnum][permalink][rdoc]

n 番目の部分文字列のオフセットの配列 [start, end] を返 します。

[ self.begin(n), self.end(n) ]

と同じです。n番目の部分文字列がマッチしていなければ [nil, nil] を返します。

[PARAM] n:
部分文字列を指定する数値
[EXCEPTION] IndexError:
範囲外の n を指定した場合に発生します。

[SEE_ALSO] MatchData#begin, MatchData#end

post_match -> String[permalink][rdoc]

マッチした部分より後ろの文字列を返します($'と同じ)。

/(bar)(BAZ)?/ =~ "foobarbaz"
p $~.post_match # => "baz"
pre_match -> String[permalink][rdoc]

マッチした部分より前の文字列を返します($`と同じ)。

/(bar)(BAZ)?/ =~ "foobarbaz"
p $~.pre_match  # => "foo"
regexp -> Regexp[permalink][rdoc]

自身の元になった正規表現オブジェクトを返します。

m = /a.*b/.match("abc")
m.regexp #=> /a.*b/
string -> String[permalink][rdoc]

マッチ対象になった文字列の複製を返します。

返す文字列はフリーズ(Object#freeze)されています。

to_a -> [String][permalink][rdoc]

$&, $1, $2,... を格納した配列を返します。

/(foo)(bar)(BAZ)?/ =~ "foobarbaz"
p $~.to_a       # => ["foobar", "foo", "bar", nil]

[SEE_ALSO] MatchData#captures

to_s -> String[permalink][rdoc]

マッチした文字列全体を返します。

/bar/ =~ "foobarbaz"
p $~            # => #<MatchData:0x401b1be4>
p $~.to_s       # => "bar"
values_at(*index) -> [String][permalink][rdoc]

正規表現中の n 番目の括弧にマッチした部分文字列の配列を返します。

0 番目は $& のようにマッチした文字列全体を表します。

[PARAM] index:
インデックスを整数で 0 個以上指定します。
m = /(foo)(bar)(baz)/.match("foobarbaz")
# same as m.to_a.values_at(...)
p m.values_at(0, 1, 2, 3, 4)      #=> ["foobarbaz", "foo", "bar", "baz", nil]
p m.values_at(-1, -2, -3, -4, -5) #=> ["baz", "bar", "foo", nil, nil]

[SEE_ALSO] Array#values_at, Array#[]