Ruby 2.5.0 リファレンスマニュアル > NEWS for Ruby 2.5.0

NEWS for Ruby 2.5.0

このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

それぞれのエントリーは参照情報があるため短いです。 十分な情報と共に書かれた全ての変更のリストは ChangeLog ファイルか bugs.ruby-lang.org の issue を参照してください。

2.4.0 以降の変更

言語仕様の変更

組み込みクラスの更新

標準添付ライブラリの更新


       Coverage.start(lines: true, branches: true, methods: true)

        Coverage.result
        #=> { "/path/to/file.rb"=>
        #     { :lines => [1, 2, 0, nil, ...],
        #       :branches =>
        #         { [:if, 0, 2, 1, 6, 4] =>
        #             { [:then, 1, 3, 2, 3, 8] => 0,
        #               [:else, 2, 5, 2, 5, 8] => 2
        #             }
        #         },
        #       :methods => {
        #          [Object, :foo, 1, 0, 7, 3] => 2
        #       }
        #     }
        #   }
        { (jump base) => { (jump target) => (counter) } }
        [type, unique-id, start lineno, start column, end lineno, end column]
        { (method key) => (counter) }
        [class, method-name, start lineno, start column, end lineno, end column]

        Coverage.result
        #=> { "/path/to/file.rb"=> [1, 2, 0, nil, ...] }

互換性 (機能追加とバグ修正以外)

標準添付ライブラリの互換性(機能追加とバグ修正を除く)

C APIの更新

Supported platform の変更

実装の改善

その他の変更