Ruby 2.5.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Fileクラス > utime

singleton method File.utime

utime(atime, mtime, *filename) -> Integer[permalink][rdoc]

ファイルの最終アクセス時刻と更新時刻を変更します。 シンボリックリンクに対しては File.lutime と違って、 シンボリックのリンク先を変更します。

[PARAM] atime:
最終アクセス時刻を Time か、起算時からの経過秒数を数値で指定します。
[PARAM] mtime:
更新時刻を Time か、起算時からの経過秒数を数値で指定します。
[PARAM] filename:
ファイル名を表す文字列を指定します。複数指定できます。
[RETURN]
変更したファイルの数を返します。
[EXCEPTION] Errno::EXXX:
変更に失敗した場合に発生します。

例: Time を指定

atime = Time.new(2018, 1, 2, 3, 4, 5)
mtime = Time.new(2018, 2, 3, 4, 5, 6)
File.utime(atime, mtime, "testfile")  # => 1
File.atime("testfile")                # => 2018-01-02 03:04:05 +0900
File.mtime("testfile")                # => 2018-02-03 04:05:06 +0900

例: 経過秒数で指定

File.utime(1, 2, "testfile")  # => 1
File.atime("testfile")                # => 1970-01-01 09:00:01 +0900
File.mtime("testfile")                # => 1970-01-01 09:00:02 +0900

[SEE_ALSO] File.lutime