Ruby 2.5.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > stringioライブラリ > StringIOクラス > write

instance method StringIO#write

write(*obj) -> Integer[permalink][rdoc]

自身に obj を書き込みます。obj が文字列でなければ to_s による文字列化を試みます。 書き込まれた文字列の長さを返します。

全ての出力メソッドは、最終的に「write」という名のメソッドを呼び出すので、 このメソッドを置き換えることで出力関数の挙動を変更することができます。

[PARAM] obj:
書き込みたいオブジェクトを指定します。
[EXCEPTION] IOError:
自身が書き込み可能でない時に発生します。
require "stringio"
a = StringIO.new("hoge", 'r+')
a.write("aaa")                 #=> 3
a.string                       #=> "aaae"