Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Rationalクラス

class Rational

クラスの継承リスト: Rational < Numeric < Comparable < Object < Kernel < BasicObject

要約

有理数を扱うクラスです。

「1/3」のような有理数を扱う事ができます。IntegerFloat と同様に Rational.new ではなく、 Kernel.#Rational を使用して Rational オブジェクトを作成します。

例:

Rational(1, 3)       # => (1/3)
Rational('1/3')      # => (1/3)
Rational('0.33')     # => (33/100)
Rational.new(1, 3)   # => NoMethodError

ただし、1.8系とは異なり、Rational オブジェクトは常に既約(それ以上 約分できない状態)である事に注意してください。

Rational(2, 6)       # => (1/3)
Rational(1, 3) * 3   # => (1/1)

目次

インスタンスメソッド
* ** ** + - / quo <=> == ceil coerce denominator fdiv floor hash inspect numerator rationalize round to_f to_i truncate to_r to_s
privateメソッド
convert marshal_dump

インスタンスメソッド

self * other -> Rational | Float[permalink][rdoc]

積を計算します。

[PARAM] other:
自身に掛ける数

other に Float を指定した場合は、計算結果を Float で返しま す。

例:

r = Rational(3, 4)
r * 2                # => (3/2)
r * 4                # => (3/1)
r * 0.5              # => 0.375
r * Rational(1, 2)   # => (3/8)
self ** rhs -> Numeric[permalink][rdoc] [redefined by mathn]

[TODO]

self のべき乗を返します。 Rational になるようであれば Rational で返します。

self ** other -> Rational | Float[permalink][rdoc]

冪(べき)乗を計算します。

[PARAM] other:
自身を other 乗する数

other に Float を指定した場合は、計算結果を Float で返しま す。other が有理数であっても、計算結果が無理数だった場合は Float を返します。

例:

r = Rational(3, 4)
r ** Rational(2, 1)  # => (9/16)
r ** 2               # => (9/16)
r ** 2.0             # => 0.5625
r ** Rational(1, 2)  # => 0.866025403784439

注意:

1.8 系とは計算結果のオブジェクトが異なる場合がある事に注意してください。 other に Rational を指定した場合には戻り値は必ず Float を返 していました。

# 1.8.7 の場合
r = Rational(3, 4)
r ** Rational(2, 1) # => 0.5625
self + other -> Rational | Float[permalink][rdoc]

和を計算します。

[PARAM] other:
自身に足す数

other に Float を指定した場合は、計算結果を Float で返しま す。

例:

r = Rational(3, 4)
r + Rational(1, 2)     # => (5/4)
r + 1                  # => (7/4)
r + 0.5                # => 1.25
self - other -> Rational | Float[permalink][rdoc]

差を計算します。

[PARAM] other:
自身から引く数

other に Float を指定した場合は、計算結果を Float で返しま す。

例:

r = Rational(3, 4)
r - 1                # => (-1/4)
r - 0.5              # => 0.25
self / other -> Rational | Float[permalink][rdoc]
quo(other) -> Rational | Float

商を計算します。

[PARAM] other:
自身を割る数

other に Float を指定した場合は、計算結果を Float で返しま す。 ただし 0 以外の整数に等しい場合は Rational で返します。

例:

r = Rational(3, 4)
r / 2                # => (3/8)
r / 2.0              # => (3/8)
r / 0.5              # => 1.5
r / Rational(1, 2)   # => (3/2)
r / 0                # => ZeroDivisionError
[EXCEPTION] ZeroDivisionError:
other が 0 の時に発生します。

[SEE_ALSO] Numeric#quo

self <=> other -> -1 | 0 | 1 | nil[permalink][rdoc]

self と other を比較して、self が大きい時に 1、等しい時に 0、小さい時に -1 を返します。 比較できない場合はnilを返します。

[PARAM] other:
自身と比較する数値
[RETURN]
-1 か 0 か 1 か nil を返します。

例:

Rational(2, 3)  <=> Rational(2, 3)  # => 0
Rational(5)     <=> 5               # => 0
Rational(2, 3)  <=> Rational(1,3)   # => 1
Rational(1, 3)  <=> 1               # => -1
Rational(1, 3)  <=> 0.3             # => 1
Rational(1, 3)  <=> nil             # => nil
self == other -> bool[permalink][rdoc]

数値として等しいか判定します。

[PARAM] other:
自身と比較する数値
[RETURN]
self と other が等しい場合 true を返します。 そうでなければ false を返します。

例:

Rational(2, 3)  == Rational(2, 3)   # => true
Rational(5)     == 5                # => true
Rational(0)     == 0.0              # => true
Rational('1/3') == 0.33             # => false
Rational('1/2') == '1/2'            # => false
ceil(precision = 0) -> Integer | Rational[permalink][rdoc]

自身と等しいかより大きな整数のうち最小のものを返します。

[PARAM] precision:
計算結果の精度
[EXCEPTION] TypeError:
precision に整数以外のものを指定すると発生します。

例:

Rational(3).ceil      # => 3
Rational(2, 3).ceil   # => 1
Rational(-3, 2).ceil  # => -1

precision を指定した場合は指定した桁数の数値と、上述の性質に最も近い整 数か Rational を返します。

例:

Rational('-123.456').ceil(+1)       # => (-617/5)
Rational('-123.456').ceil(+1).to_f  # => -123.4
Rational('-123.456').ceil(0)        # => -123
Rational('-123.456').ceil(-1)       # => -120

[SEE_ALSO] Rational#floor, Rational#round, Rational#truncate

coerce(other) -> Array[permalink][rdoc]

自身と other が同じクラスになるよう、自身か other を変換し [other, self] という 配列にして返します。

[PARAM] other:
比較または変換するオブジェクト

例:

Rational(1).coerce(2)   # => [(2/1), (1/1)]
Rational(1).coerce(2.2) # => [2.2, 1.0]
denominator -> Integer[permalink][rdoc]

分母を返します。常に正の整数を返します。

[RETURN]
分母を返します。

例:

Rational(7).denominator       # => 1
Rational(7, 1).denominator    # => 1
Rational(9, -4).denominator   # => 4
Rational(-2, -10).denominator # => 5

[SEE_ALSO] Rational#numerator

fdiv(other) -> Float[permalink][rdoc]

self を other で割った商を Float で返します。 other に虚数を指定することは出来ません。

[PARAM] other:
自身を割る数

例:

Rational(2, 3).fdiv(1)   # => 0.6666666666666666
Rational(2, 3).fdiv(0.5) # => 1.3333333333333333
Rational(2).fdiv(3)      # => 0.6666666666666666

Rational(1).fdiv(Complex(1, 0))  # => 1.0
Rational(1).fdiv(Complex(0, 1))  # => RangeError
floor(precision = 0) -> Integer | Rational[permalink][rdoc]

自身と等しいかより小さな整数のうち最大のものを返します。

[PARAM] precision:
計算結果の精度
[EXCEPTION] TypeError:
precision に整数以外のものを指定すると発生します。

例:

Rational(3).floor     # => 3
Rational(2, 3).floor  # => 0
Rational(-3, 2).floor # => -2

Rational#to_i とは違う結果を返す事に注意してください。

例:

Rational(+7, 4).to_i  # => 1
Rational(+7, 4).floor # => 1
Rational(-7, 4).to_i  # => -1
Rational(-7, 4).floor # => -2

precision を指定した場合は指定した桁数の数値と、上述の性質に最も近い整 数か Rational を返します。

例:

Rational('-123.456').floor(+1)       # => (-247/2)
Rational('-123.456').floor(+1).to_f  # => -123.5
Rational('-123.456').floor(0)        # => -124
Rational('-123.456').floor(-1)       # => -130

[SEE_ALSO] Rational#ceil, Rational#round, Rational#truncate

hash -> Integer[permalink][rdoc]

自身のハッシュ値を返します。

[RETURN]
ハッシュ値を返します。
inspect -> String[permalink][rdoc]

自身を人間が読みやすい形の文字列表現にして返します。

"(3/5)", "(-17/7)" のように10進数の表記を返します。

[RETURN]
有理数の表記にした文字列を返します。

例:

Rational(5, 8).inspect  # => "(5/8)"
Rational(2).inspect     # => "(2/1)"
Rational(-8, 6).inspect # => "(-4/3)"
Rational(0.5).inspect   # => "(1/2)"

[SEE_ALSO] Rational#to_s

numerator -> Integer[permalink][rdoc]

分子を返します。

[RETURN]
分子を返します。

例:

Rational(7).numerator       # => 7
Rational(7, 1).numerator    # => 7
Rational(9, -4).numerator   # => -9
Rational(-2, -10).numerator # => 1

[SEE_ALSO] Rational#denominator

rationalize(eps = 0) -> Rational[permalink][rdoc]

自身から eps で指定した許容誤差の範囲に収まるような Rational を返 します。

eps を省略した場合は self を返します。

[PARAM] eps:
許容する誤差

例:

r = Rational(5033165, 16777216)
r.rationalize                   # => (5033165/16777216)
r.rationalize(Rational(0.01))   # => (3/10)
r.rationalize(Rational(0.1))    # => (1/3)
round(precision = 0) -> Integer | Rational[permalink][rdoc]

自身ともっとも近い整数を返します。

中央値 0.5, -0.5 はそれぞれ 1,-1 に切り上げされます。

[PARAM] precision:
計算結果の精度
[EXCEPTION] TypeError:
precision に整数以外のものを指定すると発生します。

例:

Rational(3).round     # => 3
Rational(2, 3).round  # => 1
Rational(-3, 2).round # => -2

precision を指定した場合は指定した桁数の数値と、上述の性質に最も近い整 数か Rational を返します。

例:

Rational('-123.456').round(+1)      # => (-247/2)
Rational('-123.456').round(+1).to_f # => -123.5
Rational('-123.456').round(0)       # => -123
Rational('-123.456').round(-1)      # => -120
Rational('-123.456').round(-2)      # => -100

[SEE_ALSO] Rational#ceil, Rational#floor, Rational#truncate

to_f -> Float[permalink][rdoc]

自身の値を最も良く表現する Float に変換します。

絶対値が極端に小さい、または大きい場合にはゼロや無限大が返ることがあります。

[RETURN]
Float を返します。

例:

Rational(2).to_f             # => 2.0
Rational(9, 4).to_f          # => 2.25
Rational(-3, 4).to_f         # => -0.75
Rational(20, 3).to_f         # => 6.666666666666667
Rational(1, 10**1000).to_f   # => 0.0
Rational(-1, 10**1000).to_f  # => -0.0
Rational(10**1000).to_f      # => Infinity
Rational(-10**1000).to_f     # => -Infinity
to_i -> Integer[permalink][rdoc]
truncate(precision = 0) -> Rational | Integer

小数点以下を切り捨てて値を整数に変換します。

[PARAM] precision:
計算結果の精度
[EXCEPTION] TypeError:
precision に整数以外のものを指定すると発生します。

例:

Rational(2, 3).to_i   # => 0
Rational(3).to_i      # => 3
Rational(300.6).to_i  # => 300
Rational(98, 71).to_i # => 1
Rational(-30, 2).to_i # => -15

precision を指定した場合は指定した桁数で切り捨てた整数か Rational を返します。

例:

Rational('-123.456').truncate(+1)       # => (-617/5)
Rational('-123.456').truncate(+1).to_f  # => -123.4
Rational('-123.456').truncate(0)        # => -123
Rational('-123.456').truncate(-1)       # => -120

[SEE_ALSO] Rational#ceil, Rational#floor

to_r -> Rational[permalink][rdoc]

自身を返します。

[RETURN]
自身を返します。
to_s -> String[permalink][rdoc]

自身を人間が読みやすい形の文字列表現にして返します。

"3/5", "-17/7" のように10進数の表記を返します。

[RETURN]
有理数の表記にした文字列を返します。

例:

Rational(3, 4).to_s  # => "3/4"
Rational(8).to_s     # => "8"
Rational(-8, 6).to_s # => "-4/3"
Rational(0.5).to_s   # => "1/2"

[SEE_ALSO] Rational#inspect

privateメソッド

convert(*arg) -> Rational[permalink][rdoc]

引数を有理数(Rational)に変換した結果を返します。

[PARAM] arg:
変換対象のオブジェクトです。

Kernel.#Rational の本体です。

[SEE_ALSO] Kernel.#Rational

marshal_dump -> Array[permalink][rdoc]

Marshal.#load のためのメソッドです。 Rational::compatible#marshal_load で復元可能な配列を返します。

2.0 以降では Marshal.#load で 1.8 系の Rational オブジェク トを保存した文字列も復元できます。

[注意] Rational::compatible は通常の方法では参照する事ができません。