Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > ostructライブラリ > OpenStructクラス

class OpenStruct

クラスの継承リスト: OpenStruct < Object < Kernel < BasicObject

要約

要素を動的に追加・削除できる手軽な構造体を提供するクラスです。

OpenStruct のインスタンスに対して未定義なメソッド x= を呼ぶと、 OpenStruct クラスの BasicObject#method_missing で捕捉され、そのインスタンスに インスタンスメソッド x, x= が定義されます。 この挙動によって要素を動的に変更できる構造体として働きます。

require 'ostruct'
ab = OpenStruct.new
ab.foo = 25
p ab.foo          # => 25
ab.bar = 2
p ab.bar          # => 2
p ab              # => <OpenStruct foo=25, bar=2>
ab.delete_field("foo")
p ab.foo          # => nil
p ab              # => <OpenStruct bar=2>

初期化にハッシュを使用することもできます。

son = OpenStruct.new({ :name => "Thomas", :age => 3 })
p son.name        # => "Thomas"
p son.age         # => 3
son.age += 1
p son.age         # => 4
son.items = ["candy","toy"]
p son.items       # => ["candy","toy"]
p son             # => #<OpenStruct name="Thomas", age=4, items=["candy", "toy"]>

目次

特異メソッド
new
インスタンスメソッド
== [] []= delete_field dig each_pair eql? hash inspect to_s modifiable new_ostruct_member to_h
定数
InspectKey

特異メソッド

new(hash = nil) -> OpenStruct[permalink][rdoc]

OpenStruct オブジェクトを生成します。

ハッシュが与えられたとき、それぞれのキーを生成したオブジェクトの要素にし、値をセットします。

[PARAM] hash:
設定する要素とその値を指定します。 hash には Hash クラスのインスタンス、または each_pair メソッ ドを持つオブジェクトを用いる事ができます。
[EXCEPTION] NoMethodError:
hash のキーが to_sym メソッドを持たないときに発生します。
require 'ostruct'
some1 = OpenStruct.new({:a =>"a",:b =>"b"}) # => #<OpenStruct b="b", a="a">

インスタンスメソッド

self == other -> bool[permalink][rdoc]

自身と比較対象のオブジェクトが等しい場合に真を返します。 そうでない場合は、偽を返します。

[PARAM] other:
比較対象のオブジェクトを指定します。
self[name] -> object[permalink][rdoc]

引数 name で指定した要素に対応する値を返します。

[PARAM] name:
要素の名前を文字列か Symbol オブジェクトで指定します。

例:

person = OpenStruct.new('name' => 'John Smith', 'age' => 70)
person[:age] # => 70, person.age と同じ
self[name] = value[permalink][rdoc]

引数 name で指定した要素に対応する値に value をセットします。

[PARAM] name:
要素の名前を文字列か Symbol オブジェクトで指定します。
[PARAM] value:
セットする値を指定します。

例:

person = OpenStruct.new('name' => 'John Smith', 'age' => 70)
person[:age] = 42 # person.age = 42 と同じ
person.age # => 42
delete_field(name) -> object[permalink][rdoc]

nameで指定された要素を削除します。

その後その要素を参照したら nil が返ります。

[PARAM] name:
削除する要素を文字列かシンボルで指定します。
[RETURN]
削除前の要素の値を返します。
dig(key, ...) -> object | nil[permalink][rdoc]

self 以下のネストしたオブジェクトを dig メソッドで再帰的に参照して返し ます。途中のオブジェクトが nil であった場合は nil を返します。

[PARAM] key:
キーを任意個指定します。
address = OpenStruct.new('city' => "Anytown NC", 'zip' => 12345)
person = OpenStruct.new('name' => 'John Smith', 'address' => address)
person.dig(:address, 'zip')          # => 12345
person.dig(:business_address, 'zip') # => nil

[SEE_ALSO] Array#dig, Hash#dig, Struct#dig

each_pair -> Enumerator[permalink][rdoc]
each_pair { |key, value| } -> self

self の各要素の名前と要素を引数としてブロックを評価します。

ブロックを指定した場合は self を返します。そうでない場合は Enumerator を返します。

例:

require 'ostruct'
data = OpenStruct.new("country" => "Australia", :population => 20_000_000)
data.each_pair.to_a  # => [[:country, "Australia"], [:population, 20000000]]
eql?(other) -> bool[permalink][rdoc]

self と other が等しい場合に true を返します。そうでない場合は false を 返します。

具体的には other が OpenStruct オブジェクトかそのサブクラスでかつ、 self の各要素を保持した内部の Hash が eql? で比較して等しい場合に true を返します。

[PARAM] other:
比較対象のオブジェクトを指定します。
hash -> Integer[permalink][rdoc]

self のハッシュ値を返します。

inspect -> String[permalink][rdoc]
to_s -> String

オブジェクトを人間が読める形式に変換した文字列を返します。

[SEE_ALSO] Object#inspect

modifiable -> Hash[permalink][rdoc]

このメソッドは内部的に使用されます。

自身が Object#freeze されている場合にこのメソッドを呼び出すと例外が発生します。

[EXCEPTION] TypeError:
自身が Object#freeze されている場合に発生します。
new_ostruct_member(name) -> Symbol[permalink][rdoc]

与えられた名前のアクセサメソッドを自身に定義します。

[PARAM] name:
文字列かシンボルで定義するアクセサの名前を指定します。
to_h -> { Symbol => object }[permalink][rdoc]

self を各要素の名前をキー(Symbol)、要素が値のハッシュに変換して返 します。

例:

require 'ostruct'
data = OpenStruct.new("country" => "Australia", :population => 20_000_000)
data.to_h   # => {:country => "Australia", :population => 20000000 }

定数

InspectKey -> :__inspect_key__[permalink][rdoc]

内部的に使用する定数です。