Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Methodクラス

class Method

クラスの継承リスト: Method < Object < Kernel < BasicObject

要約

Object#method によりオブジェクト化され たメソッドオブジェクトのクラスです。

メソッドの実体(名前でなく)とレシーバの組を封入します。 Proc オブジェクトと違ってコンテキストを保持しません。

Proc との差

Method は取り出しの対象であるメソッドが なければ作れませんが、Proc は準備なしに作れます。その点から Proc は使い捨てに向き、Method は何度も繰り返し生成する 場合に向くと言えます。また内包するコードの大きさという点では Proc は小規模、Method は大規模コードに向くと言えます。

既存のメソッドを Method オブジェクト化する。

class Foo
  def foo(arg)
    "foo called with arg #{arg}"
  end
end

m = Foo.new.method(:foo)

p m             # => #<Method: Foo#foo>
p m.call(1)     # => "foo called with arg 1"

名前のないメソッド(の代わり)が必要なら Proc を使うと良い。

pr = Proc.new {|arg|
  "proc called with arg #{arg}"
}

p pr            # => #<Proc:0x401b1fcc>
p pr.call(1)    # => "proc called with arg 1"

Method オブジェクトが有用なのは以下のような場合。

class Foo
  def foo() "foo" end
  def bar() "bar" end
  def baz() "baz" end
end

obj = Foo.new

# 任意のキーとメソッドの関係をハッシュに保持しておく
methods = {1 => obj.method(:foo),
           2 => obj.method(:bar),
           3 => obj.method(:baz)}

# キーを使って関連するメソッドを呼び出す
p methods[1].call       # => "foo"
p methods[2].call       # => "bar"
p methods[3].call       # => "baz"

しかし、レシーバを固定させる(Method オブジェクトはレシーバを保持する)必 要がないなら Object#sendを使う方法も有用。

class Foo
  def foo() "foo" end
  def bar() "bar" end
  def baz() "baz" end
end

# 任意のキーとメソッド(の名前)の関係をハッシュに保持しておく
# レシーバの情報がここにはないことに注意
methods = {1 => :foo,
           2 => :bar,
           3 => :baz}

# キーを使って関連するメソッドを呼び出す
# レシーバは任意(Foo クラスのインスタンスである必要もない)
p Foo.new.send(methods[1])      # => "foo"
p Foo.new.send(methods[2])      # => "bar"
p Foo.new.send(methods[3])      # => "baz"

@see Object#method

目次

インスタンスメソッド
== eql? [] call arity clone curry hash inspect to_s name owner parameters receiver source_location super_method to_proc unbind

インスタンスメソッド

self == other -> bool[permalink][rdoc]
eql?(other) -> bool

自身と other が同じインスタンスの同じメソッドを表す場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

[PARAM] other:
自身と比較したいオブジェクトを指定します。
s = "bar"
a = s.method(:size)
b = s.method(:size)
p a == b                            #=> true
self[*args] -> object[permalink][rdoc]
call(*args) -> object
call(*args) { ... } -> object

メソッドオブジェクトに封入されているメソッドを起動します。

引数やブロックはそのままメソッドに渡されます。

self[] の形の呼び出しは通常のメソッド呼び出しに見た目を 近付けるためだけに用意されたもので、Array#[]のような 他の [] メソッドとの意味的な関連性はありません。

メソッドオブジェクトが汚染されている場合、そのメソッドは、セーフレベル 4 で実行されます

[PARAM] args:
self に渡される引数。

[SEE_ALSO] セキュリティモデル

arity -> Fixnum[permalink][rdoc]

メソッドが受け付ける引数の数を返します。

ただし、メソッドが可変長引数を受け付ける場合、負の整数

-(必要とされる引数の数 + 1)

を返します。C 言語レベルで実装されたメソッドが可変長引数を 受け付ける場合、-1 を返します。

例:

class C
  def u;               end
  def v(a);            end
  def w(*a);           end
  def x(a, b);         end
  def y(a, b, *c);     end
  def z(a, b, *c, &d); end
end

c = C.new
p c.method(:u).arity     #=> 0
p c.method(:v).arity     #=> 1
p c.method(:w).arity     #=> -1
p c.method(:x).arity     #=> 2
p c.method(:y).arity     #=> -3
p c.method(:z).arity     #=> -3

s = "xyz"
s.method(:size).arity      #=> 0
s.method(:replace).arity   #=> 1
s.method(:squeeze).arity   #=> -1
s.method(:count).arity     #=> -1
clone -> Method[permalink][rdoc]

自身を複製した Method オブジェクトを作成して返します。

curry -> Proc[permalink][rdoc]
curry(arity) -> Proc

self を元にカリー化した Proc を返します。

カリー化した Proc はいくつかの引数をとります。十分な数の引数が与 えられると、元の Proc に引数を渡し て実行し、結果を返します。引数 の個数が足りないときは、部分適用したカリー化 Proc を返します。

[PARAM] arity:
引数の個数を指定します。可変長の引数を指定できるメソッドを カリー化する際には必ず指定する必要があります。
def foo(a,b,c)
  [a, b, c]
end

proc  = self.method(:foo).curry
proc2 = proc.call(1, 2)          #=> #<Proc>
proc2.call(3)                    #=> [1,2,3]

def vararg(*args)
  args
end

proc = self.method(:vararg).curry(4)
proc2 = proc.call(:x)      #=> #<Proc>
proc3 = proc2.call(:y, :z) #=> #<Proc>
proc3.call(:a)             #=> [:x, :y, :z, :a]

[SEE_ALSO] Proc#curry

hash -> Integer[permalink][rdoc]

自身のハッシュ値を返します。

a = method(:==)
b = method(:eql?)
p a.eql? b          # => true
p a.hash == b.hash  # => true
p [a, b].uniq.size  # => 1
inspect -> String[permalink][rdoc]
to_s -> String

self を読みやすい文字列として返します。

以下の形式の文字列を返します。

#<Method: klass1(klass2)#method>                (形式1)

klass1 は、Method#inspect では、レシーバのクラス名、 UnboundMethod#inspect では、UnboundMethod オブジェクトの生成 元となったクラス/モジュール名です。

klass2 は、実際にそのメソッドを定義しているクラス/モジュール名、 method は、メソッド名を表します。

module Foo
  def foo
    "foo"
  end
end
class Bar
  include Foo
  def bar
  end
end

p Bar.new.method(:foo)        # => #<Method: Bar(Foo)#foo>
p Bar.new.method(:bar)        # => #<Method: Bar(Bar)#bar>

klass1 と klass2 が同じ場合は以下の形式になります。

#<Method: klass1#method>                        (形式2)

特異メソッドに対しては、

#<Method: obj.method>                           (形式3)
#<Method: klass1(klass2).method>                (形式4)

という形式の文字列を返します。二番目の形式では klass1 はレシーバ、 klass2 は実際にそのメソッドを定義しているオブジェクトになります。

# オブジェクトの特異メソッド
obj = ""
class <<obj
  def foo
  end
end
p obj.method(:foo)      # => #<Method: "".foo>

# クラスメソッド(クラスの特異メソッド)
class Foo
  def Foo.foo
  end
end
p Foo.method(:foo)      # => #<Method: Foo.foo>

# スーパークラスのクラスメソッド
class Bar < Foo
end
p Bar.method(:foo)      # => #<Method: Bar(Foo).foo>

# 以下は(形式1)の出力になる
module Baz
  def baz
  end
end

class <<obj
  include Baz
end
p obj.method(:baz)      # => #<Method: Object(Baz)#baz>

[SEE_ALSO] Object#inspect

name -> Symbol[permalink][rdoc]

このメソッドの名前を返します。

owner -> Class | Module[permalink][rdoc]

このメソッドが定義されている class か module を返します。

parameters -> [object][permalink][rdoc]

Method オブジェクトの引数の情報を返します。

Method オブジェクトが引数を取らなければ空の配列を返します。引数を取る場合は、配列の配列を返し、 各配列の要素は引数の種類に応じた以下のような Symbol と、仮引数の名前を表す Symbol の 2 要素です。 組み込みのメソッドでは、仮引数の名前が取れません。

:req

必須の引数

:opt

デフォルト値が指定されたオプショナルな引数

:rest

* で指定された残りすべての引数

:keyreq

必須のキーワード引数

:key

デフォルト値が指定されたオプショナルなキーワード引数

:keyrest

** で指定された残りのキーワード引数

:block

& で指定されたブロック引数

例:

m = Class.new{define_method(:m){|x, y=42, *other, k_x:, k_y: 42, **k_other, &b|}}.instance_method(:m)
m.parameters #=> [[:req, :x], [:opt, :y], [:rest, :other], [:keyreq, :k_x], [:key, :k_y], [:keyrest, :k_other], [:block, :b]]
File.method(:symlink).parameters #=> [[:req], [:req]]

[SEE_ALSO] Proc#parameters

receiver -> object[permalink][rdoc]

このメソッドオブジェクトのレシーバを返します。

source_location -> [String, Fixnum] | nil[permalink][rdoc]

ソースコードのファイル名と行番号を配列で返します。

その手続オブジェクトが ruby で定義されていない(つまりネイティブ である)場合は nil を返します。

[SEE_ALSO] Proc#source_location

super_method -> Method | nil[permalink][rdoc]

self 内で super を実行した際に実行されるメソッドを Method オブジェ クトにして返します。

[SEE_ALSO] UnboundMethod#super_method

to_proc -> Proc[permalink][rdoc]

self を call する Proc オブジェクトを生成して返します。

unbind -> UnboundMethod[permalink][rdoc]

self のレシーバとの関連を取り除いた UnboundMethod オブ ジェクトを生成して返します。