Ruby 2.5.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > psychライブラリ > Psych::SyntaxErrorクラス

class Psych::SyntaxError

クラスの継承リスト: Psych::SyntaxError < SyntaxError < ScriptError < Exception < Object < Kernel < BasicObject

要約

YAML の文法エラーを表すクラスです。

目次

インスタンスメソッド
column context file line offset problem

インスタンスメソッド

column -> Integer[permalink][rdoc]

エラーが生じた行内の位置を返します。

context -> String[permalink][rdoc]

エラーが生じたコンテキストを文字列で返します。

file -> String|nil[permalink][rdoc]

エラーが生じたファイルの名前を返します。

Psych.load_file で指定したファイルの名前や Psych.load の第2引数で指定した名前が返されます。 パース時にファイル名を指定しなかった場合は nil が返されます。

line -> Integer[permalink][rdoc]

エラーが生じた行番号を返します。

offset -> Integer[permalink][rdoc]

エラーが生じた位置の offset をバイト数で 返します。

offset とは、 Psych::SyntaxError#line, Psych::SyntaxError#column で指示される位置からの相対位置です。 この位置から 0 バイトの位置でエラーが発生することが多いため、 このメソッドはしばしば 0 を返します。

problem -> String[permalink][rdoc]

生じたエラーの中身を文字列で返します。