Ruby 2.6.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > opensslライブラリ > OpenSSL::SSL::SSLSocketクラス > peer_cert_chain

instance method OpenSSL::SSL::SSLSocket#peer_cert_chain

peer_cert_chain -> [OpenSSL::X509::Certificate] | nil[permalink][rdoc]

接続相手の証明書チェインを OpenSSL::X509::Certificate オブジェクト の配列で返します。

OpenSSL::SSL::SSLSocket#connectOpenSSL::SSL::SSLSocket#accept で SSL/TLS ハンドシェイクを行う前にこのメソッドを呼ぶと nil を返します。

以下の順の配列を返します。

[接続相手の証明書, 下位CAの証明書,... 中間CAの証明書]

ルート CA の証明書は含まれないことに注意してください。

[SEE_ALSO] OpenSSL::SSL::SSLSocket#peer_cert