Ruby 2.5.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > net/httpライブラリ > Net::HTTPクラス > new

singleton method Net::HTTP.new

new(address, port = 80, proxy_addr = :ENV, proxy_port = nil, proxy_user=nil, proxy_pass=nil) -> Net::HTTP[permalink][rdoc]

新しい Net::HTTP オブジェクトを生成します。

proxy_addr に :ENV を指定すると自動的に環境変数 http_proxy からプロクシの URI を 取り出し利用します。この場合環境変数 http_proxy が定義されていない場合には プロクシは利用せず直接接続します。

明示的にプロクシのホスト名とポート番号を指定してプロクシを利用することもできます。 このときには proxy_addr にホスト名もしくは IP アドレスを渡します。 このときに proxy_userを指定するとプロクシの認証が行われます

このメソッドは TCP コネクションを張りません。

[PARAM] address:
接続するホスト名を文字列で指定します。
[PARAM] port:
接続するポート番号を指定します。
[PARAM] proxy_addr:
プロクシのホスト名もしくはアドレスを文字列で指定します。:ENV を指定すると環境変数 http_proxy を利用してプロクシの設定をします。省略した場合には直接接続します。
[PARAM] proxy_port:
プロクシのポートを指定します。
[PARAM] proxy_user:
プロクシの認証のユーザ名を指定します。省略した場合には認証はなされません。
[PARAM] proxy_pass:
プロクシの認証のパスワードを指定します。