Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Kernelモジュール > puts

module function Kernel.#puts

puts(*arg) -> nil[permalink][rdoc]

引数と改行を順番に 標準出力 $stdout に出力します。 引数がなければ改行のみを出力します。

引数が配列の場合、その要素と改行を順に出力します。 配列や文字列以外のオブジェクトが引数として与えられた場合には、 当該オブジェクトを最初に to_ary により配列へ、 次に to_s メソッドにより文字列へ変換を試みます。 末尾が改行で終っている引数や配列の要素に対しては puts 自身 は改行を出力しません。

[PARAM] arg:
出力するオブジェクトを任意個指定します。
[EXCEPTION] IOError:
標準出力が書き込み用にオープンされていなければ発生します。
[EXCEPTION] Errno::EXXX:
出力に失敗した場合に発生します。
puts "foo", "bar\n", "baz"
puts ""    # 改行のみ出力
puts       # 改行のみ出力
puts nil   # 改行のみ出力
puts ["oui", "non"]
#=> foo
#   bar
#   baz
#
#
#
#   oui
#   non

[SEE_ALSO] Kernel.#print, Kernel.#p, IO#puts