module function Kernel.#pp

pp(*obj) -> object[permalink][rdoc]

指定されたオブジェクト obj を標準出力に見やすい形式(プリティプリント)で出力します。 obj それぞれを引数として PP.pp を呼ぶことと同等です。

初回呼び出し時に自動的に pp を require します。

[PARAM] obj:
表示したいオブジェクトを指定します。


require 'pp'

b = [1, 2, 3] * 4
a = [b, b]
a << a
pp a

#=> [[1, 2, 3, 1, 2, 3, 1, 2, 3, 1, 2, 3],
#    [1, 2, 3, 1, 2, 3, 1, 2, 3, 1, 2, 3],
#    [...]]

[SEE_ALSO] PP.pp