Ruby 2.5.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > IOクラス > write

singleton method IO.write

write(path, string, opt={}) -> Integer[permalink][rdoc]
write(path, string, offset=nil, opt={}) -> Integer

path で指定されるファイルを開き、string を書き込み、 閉じます。

offset を指定するとその位置までシークします。

offset を指定しないと、書き込みの末尾でファイルを 切り捨てます。

引数最後のハッシュはファイルを開くときに使われます。 エンコーディングなどを指定することができます。 詳しくは IO.open を見てください。

[PARAM] path:
ファイル名文字列
[PARAM] string:
書き込む文字列
[PARAM] offset:
書き込み開始位置
[PARAM] opt:
ファイルを開くときのオプション引数


text = "This is line one\nThis is line two\nThis is line three\nAnd so on...\n"
IO.write("testfile", text)              # => 66
IO.write("testfile", "0123456789", 20)  #=> 10
IO.read("testfile")
# => "This is line one\nTh0123456789 two\nThis is line three\nAnd so on...\n"
IO.write("testfile", "0123456789")      #=> 10
IO.read("testfile")                     # => "0123456789"

[SEE_ALSO] IO.binwrite