Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Kernelモジュール > open

module function Kernel.#open

open(file, mode_enc = "r", perm = 0666) -> IO[permalink][rdoc]
open(file, mode_enc = "r", perm = 0666) {|io| ... } -> object

file をオープンして、IOFileを含む)クラスのインスタンスを返します。

ブロックが与えられた場合、指定されたファイルをオープンし、 生成した IO オブジェクトを引数としてブロックを実行します。 ブロックの終了時や例外によりブロックを脱出するとき、 ファイルをクローズします。ブロックを評価した結果を返します。

ファイル名 file が `|' で始まる時には続く文字列をコマンドとして起動し、 コマンドの標準入出力に対してパイプラインを生成します

ファイル名が "|-" である時、open は Ruby の子プロセス を生成し、その子プロセスとの間のパイプ(IOオブジェクト)を返し ます。(このときの動作は、IO.popen と同じです。 File.open にはパイプラインを生成する機能はありません)。

Perlと異なりコマンドは常に `|' で始まります。

[PARAM] file:
ファイルを文字列で指定します。整数を指定した場合はファイルディスクリプタとして扱います。
[PARAM] mode_enc:
モード・エンコーディングを文字列か定数の論理和で指定します。後述。
[PARAM] perm:
open(2) の第 3 引数のように、ファイルを生成する場合の ファイルのパーミッションを整数で指定します。
[EXCEPTION] Errno::EXXX:
ファイルのオープンに失敗した場合に発生します。

[SEE_ALSO] File.open,IO.popen,IO.open

第二引数のオープンモード・エンコーディング

文字列("mode" か "mode:ext_enc" か "mode:ext_enc:int_enc" という形式)か 整数(File::Constants モジュールの定数の論理和)を組み合わせて指定します。

mode は以下の三つのうちのいずれかです。

"r", RDONLY

ファイルを読み込みモードでオープンします。(デフォルトのモード)

"w", WRONLY|CREAT|TRUNC

ファイルを書き込みモードでオープンします。 オープン時にファイルがすでに存在していれば その内容を空にします。

"a", WRONLY|CREAT|APPEND

ファイルを書き込みモードでオープンします。 出力は 常に ファイルの末尾に追加されます。 例えば、ファイルオープン中にファイルのサイズが小さ くなってもその末尾に出力されます。

以上の3つの後に "+" があれば、ファイルは読み書き両用モード (RDWR) でオープンされます。

"r+"

ファイルの読み書き位置は先頭にセットされます。

"w+"

"r+" と同じですが、オープン時にファイルがすでに 存在していればその内容を空にします。

"a+"

"r+"と同様、ファイルの読み込み位置は先頭にセットされますが、 書き込みは常にファイル末尾に行われます。書き込みは IO#seek などの影響を受けません。

これらのいずれに対しても "b" フラグを ("r+b"のように) つけることがで きます (整数なら File::BINARY )。この場合、バイナリモードでオープン します (ただし、DOS/Windowsのようにシステムがテキスト/バイナリでファイルを区別する場 合に限ります)

Universal Newline

改行をLFに揃えます。一言で言えばPEP:278 https://www.python.org/dev/peps/pep-0278/のことです。

"rt"

CR、LF、CRLFのいずれをもLFとして読み込む。

"rb"

CR、LF、CRLFはいずれもそのまま読み込まれる。

"r"

"rt"と"rb"のどちらの扱いになるかはプラットフォーム依存。 (Unix系ならばなら"rb"、mswinやmingwなら"rt"扱いとなる)

"wb"

LFはそのままLFとして書き込まれる。

"wt" または "w"

LFはLFのままか、CR+LFか、どちらかになる。どちらになるかはプラットフォーム依存。 (Unix系ならばLFのまま、mswinやmingwならばCRLFとなる)

なお、以上のCR、LF、CRLFは入力のエンコーディングを解釈した後に処理されます。例えば、UTF-16LEでは、LFはバイト列"\x0a\x00"のことになります。

エンコーディングの指定

ext_enc(外部エンコーディング)が指定されている場合、 読み込まれた文字列にはこのエンコーディングが指定され、 出力する文字列はそのエンコーディングに変換されます。

ext_encが'BOM|'で始まる場合、その入力に含まれるBOMはあらかじめ削られます。 また、BOMがあった場合、入力された文字列にはそのBOMに対応するエンコーディングが設定されます。

# BOMでUTF-16BEかLEかを判別する例
File.open("utf16.txt", "rb:BOM|utf-16"){|file| .... }

int_encも指定されていた場合、入力された文字列をext_encでエンコーディングされた文字列とみなしてint_encへと変換し、その結果にint_encを設定して返します。

open(name, mode = 'r', perm = nil, options = {}) -> StringIO | File[permalink][rdoc] [redefined by open-uri]
open(name, mode = 'r', perm = nil, options = {}) {|ouri| ...} -> nil [redefined by open-uri]

name が http:// や ftp:// で始まっている文字列なら URI のリソースを 取得した上で StringIO オブジェクトとして返します。 StringIO オブジェクトは OpenURI::Meta モジュールで extend されています。

name に open メソッドが定義されている場合は、*rest を引数として渡し name.open(*rest, &block) のように name の open メソッドが呼ばれます。

これ以外の場合は、name はファイル名として扱われ、従来の Kernel.#open(name, *rest) が呼ばれます。

ブロックを与えた場合は上の場合と同様、name が http:// や ftp:// で 始まっている文字列なら URI のリソースを取得した上で StringIO オブジェクトを 引数としてブロックを評価します。後は同様です。 StringIO オブジェクトは OpenURI::Meta モジュールで extend されています。

[PARAM] name:
オープンしたいリソースを文字列で与えます。
[PARAM] mode:
モードを文字列で与えます。Kernel.#open と同じです。
[PARAM] perm:
open(2) の第 3 引数のように、ファイルを生成する場合のファイルのパーミッションを 整数で指定します。Kernel.#open と同じです
[PARAM] options:
ハッシュを与えます。詳しくは OpenURI.open_uri を参照してください。
[EXCEPTION] OpenURI::HTTPError:
対象となる URI のスキームが http であり、 かつリソースの取得に失敗した時に発生します。
[EXCEPTION] Net::FTPError:
対象となる URI のスキームが ftp であり、かつリソースの取得に失敗した時に Net::FTPError のサブクラスが発生します。詳しくは net/ftp を参照して下さい。

例:

require 'open-uri'
sio = open('http://www.example.com')
p sio.is_a?(OpenURI::Meta) # => true
p sio.content_type
puts sio.read

[SEE_ALSO] OpenURI.open_uri