Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > digestライブラリ

library digest

要約

メッセージダイジェストライブラリです。

Digest::MD5Digest::SHA1 などの 全てのメッセージダイジェストの実装クラスは、 基底クラスである Digest::Base と同じインタフェースを持ちます。 基本的な使い方は、MD5やSHA1など、どのアルゴリズムでも同じです。 詳しくは Digest::Base を参照してください。

なお、「メッセージダイジェスト」とは、 データから固定長の疑似乱数を生成する演算手法のことです。

クラス

Digest::Class
  Digest::Base

すべての Digest::XXX クラスの基底クラスです。

   Digest::MD5

[RFC1321] に記述されている RSA Data Security, Inc. の MD5 Message-Digest Algorithmを実装するクラスです。

   Digest::RMD160

Hans Dobbertin, Antoon Bosselaers, Bart Preneel によって設計された RIPEMD-160 ハッシュ関数を実装するクラスです。

   Digest::SHA1

NIST (the US' National Institute of Standards and Technology) の SHA-1 Secure Hash Algorithmを実装するクラスです。 FIPS PUB 180-1に記述されています。

   Digest::SHA256

FIPS PUB 180-2に記述されているNIST (the US' National Institute of Standards and Technology) の SHA-256 Secure Hash Algorithmを 実装するクラスです。

   Digest::SHA384

FIPS PUB 180-2に記述されているNIST (the US' National Institute of Standards and Technology) の SHA-384 Secure Hash Algorithmを 実装するクラスです。

   Digest::SHA512

FIPS PUB 180-2に記述されているNIST (the US' National Institute of Standards and Technology) の SHA-512 Secure Hash Algorithmを 実装するクラスです。

  Digest::SHA2

モジュール

Digest
Digest::Instance

同時にrequireされるライブラリ

digest

メッセージダイジェストライブラリです。

digest/md5

[RFC1321] に記述されている RSA Data Security, Inc. の MD5 Message-Digest Algorithmを実装するクラスを提供するライブラリです。

digest/rmd160

Hans Dobbertin, Antoon Bosselaers, Bart Preneel によって設計された RIPEMD-160 ハッシュ関数を実装するクラスを提供するライブラリです。

digest/sha1

NIST (the US' National Institute of Standards and Technology) のSHA-1 Secure Hash Algorithmを実装するクラスを提供するライブラリです。

digest/sha2

FIPS PUB 180-2に記述されているNIST (the US' National Institute of Standards and Technology) の以下のアルゴリズムを実装するクラスを提供す るライブラリです。

サブライブラリ

digest/bubblebabble

追加・再定義されるメソッド

Kernel#Digest