Ruby 2.6.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > etcライブラリ > Etcモジュール

module Etc

クラスの継承リスト: Etc

要約

/etc に存在するデータベースから情報を得るためのモジュールです。 クラスにインクルードして使うこともできます。

目次

モジュール関数
confstr endgrent endpwent getgrent getgrgid getgrnam getlogin getpwent getpwnam getpwuid group nprocessors passwd setgrent setpwent sysconf sysconfdir systmpdir uname
定数
CS_GNU_LIBC_VERSION CS_GNU_LIBPTHREAD_VERSION CS_PATH CS_POSIX_V6_ILP32_OFF32_CFLAGS CS_POSIX_V6_ILP32_OFF32_LDFLAGS CS_POSIX_V6_ILP32_OFF32_LIBS CS_POSIX_V6_ILP32_OFFBIG_CFLAGS CS_POSIX_V6_ILP32_OFFBIG_LDFLAGS CS_POSIX_V6_ILP32_OFFBIG_LIBS CS_POSIX_V6_LP64_OFF64_CFLAGS CS_POSIX_V6_LP64_OFF64_LDFLAGS CS_POSIX_V6_LP64_OFF64_LIBS CS_POSIX_V6_LPBIG_OFFBIG_CFLAGS CS_POSIX_V6_LPBIG_OFFBIG_LDFLAGS CS_POSIX_V6_LPBIG_OFFBIG_LIBS CS_POSIX_V6_WIDTH_RESTRICTED_ENVS CS_POSIX_V7_ILP32_OFF32_CFLAGS CS_POSIX_V7_ILP32_OFF32_LDFLAGS CS_POSIX_V7_ILP32_OFF32_LIBS CS_POSIX_V7_ILP32_OFFBIG_CFLAGS CS_POSIX_V7_ILP32_OFFBIG_LDFLAGS CS_POSIX_V7_ILP32_OFFBIG_LIBS CS_POSIX_V7_LP64_OFF64_CFLAGS CS_POSIX_V7_LP64_OFF64_LDFLAGS CS_POSIX_V7_LP64_OFF64_LIBS CS_POSIX_V7_LPBIG_OFFBIG_CFLAGS CS_POSIX_V7_LPBIG_OFFBIG_LDFLAGS CS_POSIX_V7_LPBIG_OFFBIG_LIBS CS_POSIX_V7_THREADS_CFLAGS CS_POSIX_V7_THREADS_LDFLAGS CS_POSIX_V7_WIDTH_RESTRICTED_ENVS CS_V6_ENV CS_V7_ENV PC_2_SYMLINKS PC_ALLOC_SIZE_MIN PC_ASYNC_IO PC_CHOWN_RESTRICTED PC_FILESIZEBITS PC_LINK_MAX PC_MAX_CANON PC_MAX_INPUT PC_NAME_MAX PC_NO_TRUNC PC_PATH_MAX PC_PIPE_BUF PC_PRIO_IO PC_REC_INCR_XFER_SIZE PC_REC_MAX_XFER_SIZE PC_REC_MIN_XFER_SIZE PC_REC_XFER_ALIGN PC_SYMLINK_MAX PC_SYNC_IO PC_TIMESTAMP_RESOLUTION PC_VDISABLE SC_2_CHAR_TERM SC_2_C_BIND SC_2_C_DEV SC_2_FORT_DEV SC_2_FORT_RUN SC_2_LOCALEDEF SC_2_PBS SC_2_PBS_ACCOUNTING SC_2_PBS_CHECKPOINT SC_2_PBS_LOCATE SC_2_PBS_MESSAGE SC_2_PBS_TRACK SC_2_SW_DEV SC_2_UPE SC_2_VERSION SC_ADVISORY_INFO SC_AIO_LISTIO_MAX SC_AIO_MAX SC_AIO_PRIO_DELTA_MAX SC_ARG_MAX SC_ASYNCHRONOUS_IO SC_ATEXIT_MAX SC_AVPHYS_PAGES SC_BARRIERS SC_BC_BASE_MAX SC_BC_DIM_MAX SC_BC_SCALE_MAX SC_BC_STRING_MAX SC_CHILD_MAX SC_CLK_TCK SC_CLOCK_SELECTION SC_COLL_WEIGHTS_MAX SC_CPUSET_SIZE SC_CPUTIME SC_DELAYTIMER_MAX SC_EXPR_NEST_MAX SC_FSYNC SC_GETGR_R_SIZE_MAX SC_GETPW_R_SIZE_MAX SC_HOST_NAME_MAX SC_IOV_MAX SC_IPV6 SC_JOB_CONTROL SC_LINE_MAX SC_LOGIN_NAME_MAX SC_MAPPED_FILES SC_MEMLOCK SC_MEMLOCK_RANGE SC_MEMORY_PROTECTION SC_MESSAGE_PASSING SC_MONOTONIC_CLOCK SC_MQ_OPEN_MAX SC_MQ_PRIO_MAX SC_NGROUPS_MAX SC_NPROCESSORS_CONF SC_NPROCESSORS_ONLN SC_OPEN_MAX SC_PAGESIZE SC_PAGE_SIZE SC_PHYS_PAGES SC_PRIORITIZED_IO SC_PRIORITY_SCHEDULING SC_RAW_SOCKETS SC_READER_WRITER_LOCKS SC_REALTIME_SIGNALS SC_REGEXP SC_RE_DUP_MAX SC_RTSIG_MAX SC_SAVED_IDS SC_SEMAPHORES SC_SEM_NSEMS_MAX SC_SEM_VALUE_MAX SC_SHARED_MEMORY_OBJECTS SC_SHELL SC_SIGQUEUE_MAX SC_SPAWN SC_SPIN_LOCKS SC_SPORADIC_SERVER SC_SS_REPL_MAX SC_STREAM_MAX SC_SYMLOOP_MAX SC_SYNCHRONIZED_IO SC_THREADS SC_THREAD_ATTR_STACKADDR SC_THREAD_ATTR_STACKSIZE SC_THREAD_CPUTIME SC_THREAD_DESTRUCTOR_ITERATIONS SC_THREAD_KEYS_MAX SC_THREAD_PRIORITY_SCHEDULING SC_THREAD_PRIO_INHERIT SC_THREAD_PRIO_PROTECT SC_THREAD_PROCESS_SHARED SC_THREAD_ROBUST_PRIO_INHERIT SC_THREAD_ROBUST_PRIO_PROTECT SC_THREAD_SAFE_FUNCTIONS SC_THREAD_SPORADIC_SERVER SC_THREAD_STACK_MIN SC_THREAD_THREADS_MAX SC_TIMEOUTS SC_TIMERS SC_TIMER_MAX SC_TRACE SC_TRACE_EVENT_FILTER SC_TRACE_EVENT_NAME_MAX SC_TRACE_INHERIT SC_TRACE_LOG SC_TRACE_NAME_MAX SC_TRACE_SYS_MAX SC_TRACE_USER_EVENT_MAX SC_TTY_NAME_MAX SC_TYPED_MEMORY_OBJECTS SC_TZNAME_MAX SC_V6_ILP32_OFF32 SC_V6_ILP32_OFFBIG SC_V6_LP64_OFF64 SC_V6_LPBIG_OFFBIG SC_V7_ILP32_OFF32 SC_V7_ILP32_OFFBIG SC_V7_LP64_OFF64 SC_V7_LPBIG_OFFBIG SC_VERSION SC_XOPEN_CRYPT SC_XOPEN_ENH_I18N SC_XOPEN_REALTIME SC_XOPEN_REALTIME_THREADS SC_XOPEN_SHM SC_XOPEN_STREAMS SC_XOPEN_UNIX SC_XOPEN_UUCP SC_XOPEN_VERSION

モジュール関数

confstr(name) -> String | nil[permalink][rdoc]

confstr(3) で取得したシステム設定変数の値を返します。

[PARAM] name:
Etc モジュールの CS_ で始まる定数のいずれかを指定します。

引数 name に対応する設定が行われていない状態の場合は nil を返します。 (confstr(3) が -1 を返し、errno が設定されていない場合)

require "etc"
Etc.confstr(Etc::CS_PATH) # => "/bin:/usr/bin"

# GNU/Linux
Etc.confstr(Etc::CS_GNU_LIBC_VERSION) # => "glibc 2.18"
Etc.confstr(Etc::CS_GNU_LIBPTHREAD_VERSION) # => "NPTL 2.18"
endgrent -> nil[permalink][rdoc]

Etc.#getgrent によって開始された /etc/group ファイルを読む プロセスを終了させファイルを閉じます。

[SEE_ALSO] getgrent(3)

endpwent -> nil[permalink][rdoc]

Etc.#getpwent によって開始された /etc/passwdファイルを読む プロセスを終了させファイルを閉じます。

[SEE_ALSO] getpwent(3)

getgrent -> Struct::Group | nil[permalink][rdoc]

/etc/group ファイルから読み込んだエントリを一つ返します。

最初の呼び出しでは、先頭のエントリを返します。それ以降の呼び出しでは、 呼び出す度に次のエントリを順に返します。ファイルの終端に達すると nil を返します。

処理が終了したときは Etc.#endgrent を呼び出すようにしてください。

[SEE_ALSO] getgrent(3), Struct::Group

getgrgid(gid) -> Struct::Group[permalink][rdoc]

group データベースを検索し、グループ ID が gid であるグループエントリを返します。

[PARAM] gid:
検索する gid
[EXCEPTION] ArgumentError:
エントリが見つからなかった場合に発生します。

[SEE_ALSO] getgrgid(3), Struct::Group

getgrnam(name) -> Struct::Group[permalink][rdoc]

name という名前のグループエントリを返します。

[PARAM] name:
検索するグループ名。
[EXCEPTION] ArgumentError:
エントリが見つからなかった場合に発生します。

[SEE_ALSO] getgrnam(3), Struct::Group

getlogin -> String | nil[permalink][rdoc]

自分の login 名を返します。得られなかった場合は nil を返します。

getlogin は su(1) などでログイン時のユーザとは異なるユーザになっている場合、 現在ではなくログイン時のユーザを返します。

このメソッドが失敗した場合は Etc.#getpwuid に フォールバックするとよいでしょう。

たとえば、環境変数 USER などもあわせて、以下のようにフォールバックできます。

require "etc"
login_user = ENV['USER'] || ENV['LOGNAME'] || Etc.getlogin || Etc.getpwuid.name
getpwent -> Struct::Passwd | nil[permalink][rdoc]

/etc/passwd から読み込んだエントリを一つ返します。

最初の呼び出しでは、先頭のエントリを返します。それ以降の呼び出しでは、 呼び出す度に次のエントリを順に返します。ファイルの終端に達すると nil を返します。

処理が終了したときは Etc.#endpwent を呼び出すようにしてください。

[SEE_ALSO] getpwent(3)

getpwnam(name) -> Struct::Passwd[permalink][rdoc]

passwd データベースを検索し、 名前が name である passwd エントリを返します。

[PARAM] name:
検索するユーザ名。
[EXCEPTION] ArgumentError:
エントリが見つからなかった場合に発生します。

[SEE_ALSO] getpwnam(3), Struct::Passwd

getpwuid(uid = getuid) -> Struct::Passwd[permalink][rdoc]

passwd データベースを検索し、 ユーザ ID が uid である passwd エントリを返します。

[PARAM] uid:
検索する uid 。引数を省略した場合には getuid(2) の値を用います。
[EXCEPTION] ArgumentError:
エントリが見つからなかった場合に発生します。

[SEE_ALSO] getpwuid(3), Struct::Passwd

group -> Struct::Group | nil[permalink][rdoc]

/etc/group ファイルから読み込んだエントリを一つ返します。

最初の呼び出しでは、先頭のエントリを返します。それ以降の呼び出しでは、 呼び出す度に次のエントリを順に返します。ファイルの終端に達すると nil を返します。

[EXCEPTION] RuntimeError:
/etc/group ファイルがロックされている場合に発生します。

[SEE_ALSO] Etc.#getgrent, getgrent(3)

group {|gr| ... } -> ()[permalink][rdoc]

全てのグループエントリを順にアクセスするためのイテレータです。

nprocessors -> Integer[permalink][rdoc]

有効な CPU コア数を返します。

例:

require 'etc'
p Etc.nprocessors #=> 4
passwd -> Struct::Passwd | nil[permalink][rdoc]

/etc/passwd から読み込んだエントリを一つ返します。

最初の呼び出しでは、先頭のエントリを返します。それ以降の呼び出しでは、 呼び出す度に次のエントリを順に返します。ファイルの終端に達すると nil を返します。

[EXCEPTION] RuntimeError:
/etc/passwd ファイルがロックされている場合に発生します。

[SEE_ALSO] Etc.#getpwent, getpwent(3)

passwd {|pw| ... } -> ()[permalink][rdoc]

全ての passwd エントリを順にアクセスするためのイテレータです。

setgrent -> nil[permalink][rdoc]

/etc/group の先頭に戻ります。

このメソッドを呼び出した後 Etc.#getgrent を呼び出すと先頭のエントリを返します。

[SEE_ALSO] getgrent(3)

setpwent -> nil[permalink][rdoc]

/etc/passwd の先頭に戻ります。

このメソッドを呼び出した後 Etc.#getpwent を呼び出すと先頭のエントリを返します。

[SEE_ALSO] getpwent(3)

sysconf(name) -> Integer | nil[permalink][rdoc]

sysconf(3) で取得したシステム設定変数の値を返します。

引数 name が制限に関する設定値であり、設定が制限がない状態の場合は nil を返します。(sysconf(3) が -1 を返し、errno が設定されていない 場合)

[PARAM] name:
Etc モジュールの SC_ で始まる定数のいずれかを指定します。
require "etc"
Etc.sysconf(Etc::SC_ARG_MAX) # => 2097152

# Number of processors.
# It is not standardized.
Etc.sysconf(Etc::SC_NPROCESSORS_ONLN) # => 4
sysconfdir -> String | nil[permalink][rdoc]

システムの設定ディレクトリを返します。

require 'etc'
p Etc.sysconfdir # => "/etc"

主に "/etc" を返しますが、Ruby をソースからビルドした場合は異なるディレ クトリを返す場合があります。例えば、Ruby を /usr/local にインストールし た場合は、"/usr/local/etc" を返します。 Windows では常にシステムで提供されたディレクトリを返します。

systmpdir -> String | nil[permalink][rdoc]

システムのテンポラリディレクトリを返します。

require 'etc'
p Etc.systmpdir # => "/tmp"
uname -> {Symbol => String}[permalink][rdoc]

uname(2) で取得したシステム情報を Hash で返します。

[RETURN]
少なくとも :sysname, :nodename, :release, :version, :machine の 5 つのキーを持つ Hash を返します。

例:

require 'etc'
require 'pp'

pp Etc.uname
# => {:sysname=>"Linux",
#     :nodename=>"boron",
#     :release=>"2.6.18-6-xen-686",
#     :version=>"#1 SMP Thu Nov 5 19:54:42 UTC 2009",
#     :machine=>"i686"}

定数

CS_PATH -> Integer[permalink][rdoc]
CS_POSIX_V7_ILP32_OFF32_CFLAGS -> Integer
CS_POSIX_V7_ILP32_OFF32_LDFLAGS -> Integer
CS_POSIX_V7_ILP32_OFF32_LIBS -> Integer
CS_POSIX_V7_ILP32_OFFBIG_CFLAGS -> Integer
CS_POSIX_V7_ILP32_OFFBIG_LDFLAGS -> Integer
CS_POSIX_V7_ILP32_OFFBIG_LIBS -> Integer
CS_POSIX_V7_LP64_OFF64_CFLAGS -> Integer
CS_POSIX_V7_LP64_OFF64_LDFLAGS -> Integer
CS_POSIX_V7_LP64_OFF64_LIBS -> Integer
CS_POSIX_V7_LPBIG_OFFBIG_CFLAGS -> Integer
CS_POSIX_V7_LPBIG_OFFBIG_LDFLAGS -> Integer
CS_POSIX_V7_LPBIG_OFFBIG_LIBS -> Integer
CS_POSIX_V7_THREADS_CFLAGS -> Integer
CS_POSIX_V7_THREADS_LDFLAGS -> Integer
CS_POSIX_V7_WIDTH_RESTRICTED_ENVS -> Integer
CS_V7_ENV -> Integer
CS_POSIX_V6_ILP32_OFF32_CFLAGS -> Integer
CS_POSIX_V6_ILP32_OFF32_LDFLAGS -> Integer
CS_POSIX_V6_ILP32_OFF32_LIBS -> Integer
CS_POSIX_V6_ILP32_OFFBIG_CFLAGS -> Integer
CS_POSIX_V6_ILP32_OFFBIG_LDFLAGS -> Integer
CS_POSIX_V6_ILP32_OFFBIG_LIBS -> Integer
CS_POSIX_V6_LP64_OFF64_CFLAGS -> Integer
CS_POSIX_V6_LP64_OFF64_LDFLAGS -> Integer
CS_POSIX_V6_LP64_OFF64_LIBS -> Integer
CS_POSIX_V6_LPBIG_OFFBIG_CFLAGS -> Integer
CS_POSIX_V6_LPBIG_OFFBIG_LDFLAGS -> Integer
CS_POSIX_V6_LPBIG_OFFBIG_LIBS -> Integer
CS_POSIX_V6_WIDTH_RESTRICTED_ENVS -> Integer
CS_V6_ENV -> Integer
CS_GNU_LIBC_VERSION -> Integer
CS_GNU_LIBPTHREAD_VERSION -> Integer

Etc.#confstr の引数に指定します。

詳細は confstr(3) を参照してください。

PC_FILESIZEBITS -> Integer[permalink][rdoc]
PC_LINK_MAX -> Integer
PC_MAX_CANON -> Integer
PC_MAX_INPUT -> Integer
PC_NAME_MAX -> Integer
PC_PATH_MAX -> Integer
PC_PIPE_BUF -> Integer
PC_2_SYMLINKS -> Integer
PC_ALLOC_SIZE_MIN -> Integer
PC_REC_INCR_XFER_SIZE -> Integer
PC_REC_MAX_XFER_SIZE -> Integer
PC_REC_MIN_XFER_SIZE -> Integer
PC_REC_XFER_ALIGN -> Integer
PC_SYMLINK_MAX -> Integer
PC_CHOWN_RESTRICTED -> Integer
PC_NO_TRUNC -> Integer
PC_VDISABLE -> Integer
PC_ASYNC_IO -> Integer
PC_PRIO_IO -> Integer
PC_SYNC_IO -> Integer
PC_TIMESTAMP_RESOLUTION -> Integer

IO#pathconf の引数に指定します。

詳細は fpathconf(3) を参照してください。

SC_AIO_LISTIO_MAX -> Integer[permalink][rdoc]
SC_AIO_MAX -> Integer
SC_AIO_PRIO_DELTA_MAX -> Integer
SC_ARG_MAX -> Integer
SC_ATEXIT_MAX -> Integer
SC_BC_BASE_MAX -> Integer
SC_BC_DIM_MAX -> Integer
SC_BC_SCALE_MAX -> Integer
SC_BC_STRING_MAX -> Integer
SC_CHILD_MAX -> Integer
SC_CLK_TCK -> Integer
SC_COLL_WEIGHTS_MAX -> Integer
SC_DELAYTIMER_MAX -> Integer
SC_EXPR_NEST_MAX -> Integer
SC_HOST_NAME_MAX -> Integer
SC_IOV_MAX -> Integer
SC_LINE_MAX -> Integer
SC_LOGIN_NAME_MAX -> Integer
SC_NGROUPS_MAX -> Integer
SC_GETGR_R_SIZE_MAX -> Integer
SC_GETPW_R_SIZE_MAX -> Integer
SC_MQ_OPEN_MAX -> Integer
SC_MQ_PRIO_MAX -> Integer
SC_OPEN_MAX -> Integer
SC_ADVISORY_INFO -> Integer
SC_BARRIERS -> Integer
SC_ASYNCHRONOUS_IO -> Integer
SC_CLOCK_SELECTION -> Integer
SC_CPUTIME -> Integer
SC_FSYNC -> Integer
SC_IPV6 -> Integer
SC_JOB_CONTROL -> Integer
SC_MAPPED_FILES -> Integer
SC_MEMLOCK -> Integer
SC_MEMLOCK_RANGE -> Integer
SC_MEMORY_PROTECTION -> Integer
SC_MESSAGE_PASSING -> Integer
SC_MONOTONIC_CLOCK -> Integer
SC_PRIORITIZED_IO -> Integer
SC_PRIORITY_SCHEDULING -> Integer
SC_RAW_SOCKETS -> Integer
SC_READER_WRITER_LOCKS -> Integer
SC_REALTIME_SIGNALS -> Integer
SC_REGEXP -> Integer
SC_SAVED_IDS -> Integer
SC_SEMAPHORES -> Integer
SC_SHARED_MEMORY_OBJECTS -> Integer
SC_SHELL -> Integer
SC_SPAWN -> Integer
SC_SPIN_LOCKS -> Integer
SC_SPORADIC_SERVER -> Integer
SC_SS_REPL_MAX -> Integer
SC_SYNCHRONIZED_IO -> Integer
SC_THREAD_ATTR_STACKADDR -> Integer
SC_THREAD_ATTR_STACKSIZE -> Integer
SC_THREAD_CPUTIME -> Integer
SC_THREAD_PRIO_INHERIT -> Integer
SC_THREAD_PRIO_PROTECT -> Integer
SC_THREAD_PRIORITY_SCHEDULING -> Integer
SC_THREAD_PROCESS_SHARED -> Integer
SC_THREAD_ROBUST_PRIO_INHERIT -> Integer
SC_THREAD_ROBUST_PRIO_PROTECT -> Integer
SC_THREAD_SAFE_FUNCTIONS -> Integer
SC_THREAD_SPORADIC_SERVER -> Integer
SC_THREADS -> Integer
SC_TIMEOUTS -> Integer
SC_TIMERS -> Integer
SC_TRACE -> Integer
SC_TRACE_EVENT_FILTER -> Integer
SC_TRACE_EVENT_NAME_MAX -> Integer
SC_TRACE_INHERIT -> Integer
SC_TRACE_LOG -> Integer
SC_TRACE_NAME_MAX -> Integer
SC_TRACE_SYS_MAX -> Integer
SC_TRACE_USER_EVENT_MAX -> Integer
SC_TYPED_MEMORY_OBJECTS -> Integer
SC_VERSION -> Integer
SC_V7_ILP32_OFF32 -> Integer
SC_V7_ILP32_OFFBIG -> Integer
SC_V7_LP64_OFF64 -> Integer
SC_V7_LPBIG_OFFBIG -> Integer
SC_V6_ILP32_OFF32 -> Integer
SC_V6_ILP32_OFFBIG -> Integer
SC_V6_LP64_OFF64 -> Integer
SC_V6_LPBIG_OFFBIG -> Integer
SC_2_C_BIND -> Integer
SC_2_C_DEV -> Integer
SC_2_CHAR_TERM -> Integer
SC_2_FORT_DEV -> Integer
SC_2_FORT_RUN -> Integer
SC_2_LOCALEDEF -> Integer
SC_2_PBS -> Integer
SC_2_PBS_ACCOUNTING -> Integer
SC_2_PBS_CHECKPOINT -> Integer
SC_2_PBS_LOCATE -> Integer
SC_2_PBS_MESSAGE -> Integer
SC_2_PBS_TRACK -> Integer
SC_2_SW_DEV -> Integer
SC_2_UPE -> Integer
SC_2_VERSION -> Integer
SC_PAGE_SIZE -> Integer
SC_PAGESIZE -> Integer
SC_THREAD_DESTRUCTOR_ITERATIONS -> Integer
SC_THREAD_KEYS_MAX -> Integer
SC_THREAD_STACK_MIN -> Integer
SC_THREAD_THREADS_MAX -> Integer
SC_RE_DUP_MAX -> Integer
SC_RTSIG_MAX -> Integer
SC_SEM_NSEMS_MAX -> Integer
SC_SEM_VALUE_MAX -> Integer
SC_SIGQUEUE_MAX -> Integer
SC_STREAM_MAX -> Integer
SC_SYMLOOP_MAX -> Integer
SC_TIMER_MAX -> Integer
SC_TTY_NAME_MAX -> Integer
SC_TZNAME_MAX -> Integer
SC_XOPEN_CRYPT -> Integer
SC_XOPEN_ENH_I18N -> Integer
SC_XOPEN_REALTIME -> Integer
SC_XOPEN_REALTIME_THREADS -> Integer
SC_XOPEN_SHM -> Integer
SC_XOPEN_STREAMS -> Integer
SC_XOPEN_UNIX -> Integer
SC_XOPEN_UUCP -> Integer
SC_XOPEN_VERSION -> Integer
SC_PHYS_PAGES -> Integer
SC_AVPHYS_PAGES -> Integer
SC_NPROCESSORS_CONF -> Integer
SC_NPROCESSORS_ONLN -> Integer
SC_CPUSET_SIZE -> Integer

Etc.#sysconf の引数に指定します。

詳細は sysconf(3) を参照してください。