instance method Range#===

self === obj -> bool[permalink][rdoc]
cover?(obj) -> bool

obj が範囲内に含まれている時に真を返します。

Range#=== は主に case 式での比較に用いられます。

Range#include? と異なり <=> メソッドによる演算により範囲内かどうかを判定します。 Range#include? は原則として離散値を扱い、 Range#cover? は連続値を扱います。(数値については、例外として Range#include? も連続的に扱います。)

Range#exclude_end?がfalseなら「begin <= obj <= end」を、 trueなら「begin <= obj < end」を意味します。

引数がRangeオブジェクトの場合、引数の範囲がselfの範囲に含まれる時にtrueを返します。

「(a..b).cover?(c...d)」のように終端を含まないRangeオブジェクトが引数に渡されており、「a <= c && b < d」を満たし、cが数値ではない(つまり引数のRangeの終端を求めるためにsuccメソッドの呼び出しが必要な)場合、パフォーマンスの問題が起きる可能性があります。

パフォーマンス上の問題が起きる例

p ('aaaaa'..'zzzzy').cover?('aaaaa'...'zzzzz')
# => true
[PARAM] obj:
比較対象のオブジェクトを指定します。
数値は連続的に扱われているため、 include? / cover? が同じ結果を返す

(1.1..2.3).include?(1.0)    # => false
(1.1..2.3).include?(1.1)    # => true
(1.1..2.3).include?(1.555)  # => true
(1.1..2.3).cover?(1.0)      # => false
(1.1..2.3).cover?(1.1)      # => true
(1.1..2.3).cover?(1.555)    # => true
String の例

('b'..'d').include?('d')    # => true
('b'..'d').include?('ba')   # => false
('b'..'d').cover?('d')      # => true
('b'..'d').cover?('ba')     # => true
Date, DateTime の例

(Date.new(2014,1,3)..Date.new(2014,1,5)).include?(Date.new(2014,1,5))           # => true
(Time.new(2014,1,3)..Time.new(2014,1,5)).include?(Time.new(2014,1,4,10,10,10))  # => true
(Date.new(2014,1,3)..Date.new(2014,1,5)).cover?(Date.new(2014,1,5))             # => true
(Time.new(2014,1,3)..Time.new(2014,1,5)).cover?(Time.new(2014,1,4,10,10,10))    # => true
Range の例

(1..5).cover?(2..3)     #=> true
(1..5).cover?(0..6)     #=> false
(1..5).cover?(1...6)    #=> true

[SEE_ALSO] 制御構造/case

[SEE_ALSO] Range#include?