Ruby 2.5.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > rdoc/parser/cライブラリ

library rdoc/parser/c

要約

C 言語で記述されたソースコードから組み込みクラス/モジュールのドキュメン トを解析するためのサブライブラリです。

C 言語で記述された拡張ライブラリなどを解析するのに使用します。 rb_define_classrb_define_method などで定義されたものに 対応する C 言語の関数のコメントを解析します。

例: Array#flatten の場合。rb_ary_flatten のコメントが解析されます。

/*
 * Returns a new array that is a one-dimensional flattening of this
 * array (recursively). That is, for every element that is an array,
 * extract its elements into the new array.
 *
 *    s = [ 1, 2, 3 ]           #=> [1, 2, 3]
 *    t = [ 4, 5, 6, [7, 8] ]   #=> [4, 5, 6, [7, 8]]
 *    a = [ s, t, 9, 10 ]       #=> [[1, 2, 3], [4, 5, 6, [7, 8]], 9, 10]
 *    a.flatten                 #=> [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10]
 */
 static VALUE
 rb_ary_flatten(ary)
     VALUE ary;
 {
     ary = rb_obj_dup(ary);
     rb_ary_flatten_bang(ary);
     return ary;
 }

 ...

 void
 Init_Array()
 {
   ...
   rb_define_method(rb_cArray, "flatten", rb_ary_flatten, 0);

上記の例の場合、rb_ary_flatten 関数と Init_Array 関数は同じファイルに記 述されている必要があります。

また、Ruby のソースコードとは別にコメントには特別な命令を指定する事がで きます。

Document-class: name

記述する内容を name で指定した Ruby のクラスのものに指定します。同じ .c ファイルに複数のクラス定義がある場合などのように、Init_xxx 関数の xxx の部分がクラス名と同一ではない場合に使用します。

Document-method: name

記述する内容を name で指定した Ruby のメソッドのものに指定します。 RDoc が対応するメソッドを見つけられなかった場合に使用します。

call-seq:

指定した次の行から次の空行までをメソッド呼び出し列と解釈します。

また、RDoc は rb_define_method などの定義と C 言語の関数の実装が同じファ イルにある事を前提としています。そうでない場合は以下のような指定を行います。

rb_define_method(....);  // in ファイル名

例:

/*
 * Document-class:  MyClass
 *
 * Encapsulate the writing and reading of the configuration
 * file. ...
 */

/*
 * Document-method: read_value
 *
 * call-seq:
 *   cfg.read_value(key)            -> value
 *   cfg.read_value(key} { |key| }  -> value
 *
 * Return the value corresponding to +key+ from the configuration.
 * In the second form, if the key isn't found, invoke the
 * block and return its value.
 */

クラス

RDoc::Parser::C

C 言語で記述されたソースコードから組み込みクラス/モジュールのドキュメン トを解析するためのクラスです。

同時にrequireされるライブラリ

e2mmap

例外クラスに特定のエラーメッセージ用フォーマットを関連づけるためのライブラリです。

irb/notifier

ライブラリ内部で使用します。

irb/output-method

irb が出力を扱うためのサブライブラリです。

irb/slex

Ruby のソースコードを字句解析するためのサブライブラリです。 irb/ruby-lex から使用されます。

rdoc

RDoc は Ruby のドキュメント生成を行うためのライブラリです。rdoc という ドキュメント生成のためのコマンドも含んでいます。

rdoc/alias

RDoc::Alias を定義するサブライブラリです。

rdoc/anon_class

RDoc::AnonClass を定義するサブライブラリです。

rdoc/any_method

RDoc::AnyMethod を定義するサブライブラリです。

rdoc/attr

RDoc::Attr を定義するサブライブラリです。

rdoc/class_module

RDoc::ClassModule を定義するサブライブラリです。

rdoc/code_object

RDoc::CodeObject を定義するサブライブラリです。

rdoc/code_objects

Ruby のソースコード中にあるクラス、モジュール、メソッドなどの構成要素を 表現するためのサブライブラリです。

rdoc/constant

RDoc::Constant を定義するサブライブラリです。

rdoc/context

RDoc::ContextRDoc::Context::Section を定義するサブライ ブラリです。

rdoc/ghost_method

RDoc::GhostMethod を定義するサブライブラリです。

rdoc/include

RDoc::Include を定義するサブライブラリです。

rdoc/known_classes

Ruby の組み込みクラスに関する定数を定義するサブライブラリです。

rdoc/meta_method

RDoc::MetaMethod を定義するサブライブラリです。

rdoc/normal_class

RDoc::NormalClass を定義するサブライブラリです。

rdoc/normal_module

RDoc::NormalModule を定義するサブライブラリです。

rdoc/parser

rdoc で解析できるファイルの種類を追加するためのサブライブラリです。

rdoc/parser/c

C 言語で記述されたソースコードから組み込みクラス/モジュールのドキュメン トを解析するためのサブライブラリです。

rdoc/parser/changelog

ChangeLog ファイルを解析するためのサブライブラリです。

rdoc/parser/markdown

Markdown 形式で記述されたファイルを解析するためのサブライブラリです。

rdoc/parser/rd

RD 形式で記述されたファイルを解析するためのサブライブラリです。

rdoc/parser/ruby

Ruby のソースコードを解析するためのサブライブラリです。

rdoc/parser/simple

ソースコード以外のファイルを解析するためのサブライブラリです。

rdoc/require

RDoc::Require を定義するサブライブラリです。

rdoc/single_class

RDoc::SingleClass を定義するサブライブラリです。

rdoc/stats

RDoc のステータスを管理するサブライブラリです。

rdoc/token_stream

トークンを管理するためのサブライブラリです。

rdoc/top_level

RDoc::TopLevel を定義するサブライブラリです。

time

組み込みの Time クラスを拡張します。 日時を表す文字列をパースして Time オブジェクトに変換したり、 逆に Time オブジェクトを RFC などで定められた文字列に 変換する機能を提供します。