class Rake::FileTask

クラスの継承リスト: Rake::FileTask < Rake::Task < Object < Kernel < BasicObject

要約

ファイルタスクは時間に基づいた依存関係を解決することができるタスクです。

このタスクの事前タスクのいずれか一つのタイムスタンプがこのタスクのタイムスタンプよりも新しければ、与えられたアクションを用いてファイルを再作成します。

目次

特異メソッド
scope_name
インスタンスメソッド
needed? timestamp

継承しているメソッド

Rake::Taskから継承しているメソッド
actions add_description application application= arg_description arg_names clear clear_actions clear_prerequisites comment comment= enhance execute full_comment inspect investigation invoke name prerequisites reenable scope set_arg_names source sources sources= to_s

特異メソッド

scope_name(scope, task_name) -> String[permalink][rdoc]

ファイルタスクはスコープを無視します。

インスタンスメソッド

needed? -> bool[permalink][rdoc]

このタスクが必要である場合は真を返します。そうでない場合は偽を返します。

このタスクで作成しようとしているファイルが存在しない場合や、このタスクで作成しようとしているファイルが古い場合に真を返します。

timestamp -> Time[permalink][rdoc]

ファイルタスクのタイムスタンプを返します。