Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > monitorライブラリ > Monitorクラス

class Monitor

クラスの継承リスト: Monitor < MonitorMixin < Object < Kernel < BasicObject

要約

スレッドの同期機構としてのモニター機能を提供するクラスです。 また同じスレッドから何度も lock できる Mutex としての機能も提供します。

MonitorMixin を include し、いくつかの別名を定義したクラスです。

require 'monitor'

buf = []
mon = Monitor.new
empty_cond = mon.new_cond

# consumer
Thread.start do
  loop do
    mon.synchronize do
      empty_cond.wait_while { buf.empty? }
      print buf.shift
    end
  end
end

# producer
while line = ARGF.gets
  mon.synchronize do
    buf.push(line)
    empty_cond.signal
  end
end

2回ロックしてもデッドロックにならない例です。

require 'monitor'
mon = Monitor.new
mon.synchronize {
  mon.synchronize{

  }
}

Thread::Mutex ではデッドロックになります。

require 'thread'
mx = Mutex.new
mx.synchronize {
  mx.synchronize{

  }
}
# => deadlock; recursive locking (ThreadError)

目次

特異メソッド
new
インスタンスメソッド
enter exit try_enter

特異メソッド

new -> Monitor[permalink][rdoc]

新しい Monitor オブジェクトを生成します。

インスタンスメソッド

enter -> ()[permalink][rdoc]

MonitorMixin#mon_enter の別名です。

exit -> ()[permalink][rdoc]

MonitorMixin#mon_exit の別名です。

try_enter -> bool[permalink][rdoc]

MonitorMixin#mon_try_enter の別名です。