Ruby 2.5.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Stringクラス > chop!

instance method String#chop!

chop! -> self | nil[permalink][rdoc]

文字列の最後の文字を取り除きます。 ただし、終端が "\r\n" であればその 2 文字を取り除きます。

[RETURN]
chop! は self を変更して返しますが、取り除く文字がなかった場合は nil を返します。


  str = "string\r\n"
  ret = str.chop!
  ret                  # => "string"
  str                  # => "string"
  str.chop!            # => "strin"
  "".chop!             # => nil

[SEE_ALSO] String#chomp!

[SEE_ALSO] String#chop

[SEE_ALSO] String#delete_suffix!