instance method Range#bsearch

bsearch {|obj| ... } -> object | nil[permalink][rdoc][edit]
bsearch -> Enumerator

ブロックの評価結果で範囲内の各要素の大小判定を行い、条件を満たす値を二分探索(計算量は O(log n))で検索します。要素が見つからない場合は nil を返します。

本メソッドはブロックを評価した結果により以下のいずれかのモードで動作します。

  • find-minimum モード
  • find-any モード

find-minimum モード(特に理由がない限りはこのモードを使う方がいいでしょう)では、条件判定の結果を以下のようにする必要があります。

  • 求める値がブロックパラメータの値か前の要素の場合: true を返す
  • 求める値がブロックパラメータより後の要素の場合: false を返す

ブロックの評価結果が true になる最初の要素を返すか、nil を返します。

例:

ary = [0, 4, 7, 10, 12]
(0...ary.size).bsearch {|i| ary[i] >= 4 } # => 1
(0...ary.size).bsearch {|i| ary[i] >= 6 } # => 2
(0...ary.size).bsearch {|i| ary[i] >= 8 } # => 3
(0...ary.size).bsearch {|i| ary[i] >= 100 } # => nil

(0.0...Float::INFINITY).bsearch {|x| Math.log(x) >= 0 } # => 1.0

find-any モードは bsearch(3) のように動作します。ブロックは真偽値ではなく、以下のような数値を返す必要があります。求める値の範囲がx...y (x <= y)であるとします。また、ブロックパラメータの値を v とします。

  • ブロックパラメータの値が求める値の範囲よりも小さい(v < x)場合: 正の数を返す
  • ブロックパラメータの値が求める値の範囲に合致する(x <= v < y)場合: 0 を返す
  • ブロックパラメータの値が求める値の範囲よりも大きい(y <= v)場合: 負の数を返す

ブロックの評価結果が 0 になるいずれかの要素を返すか、nil を返します。

例:

ary = [0, 100, 100, 100, 200]
(0..4).bsearch {|i| 100 - ary[i] } # => 1, 2 or 3
(0..4).bsearch {|i| 300 - ary[i] } # => nil
(0..4).bsearch {|i|  50 - ary[i] } # => nil

上記の 2 つのモードを混在して使用しないでください(ブロックの評価結果は常に true/false、数値のいずれかを一貫して返すようにしてください)。また、二分探索の各イテレーションで値がどのような順序で選ばれるかは未規定です。

ブロックが与えられなかった場合は、 Enumerator のインスタンスを返します。

[EXCEPTION] TypeError:
ブロックの評価結果が true、false、nil、数値以外であった場合に発生します。

[SEE_ALSO] Array#bsearch