Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Procクラス > arity

instance method Proc#arity

arity -> Fixnum[permalink][rdoc]

Proc オブジェクトが受け付ける引数の数を返します。

ただし、可変長引数を受け付ける場合、負の整数

-(必要とされる引数の数 + 1)

を返します。

例:

lambda{           }.arity   # => 0
lambda{||         }.arity   # =>  0
lambda{|x|        }.arity   # =>  1
lambda{|*x|       }.arity   # => -1
lambda{|x, y|     }.arity   # =>  2
lambda{|x, *y|    }.arity   # => -2
lambda{|(x, y)|   }.arity   # =>  1
lambda{|(x, y), z|}.arity   # =>  2