Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Moduleクラス > inspect

instance method Module#inspect

name -> String[permalink][rdoc]
to_s -> String
inspect -> String

モジュールやクラスの名前を文字列で返します。

このメソッドが返す「モジュール / クラスの名前」とは、 より正確には「クラスパス」を指します。 クラスパスとは、ネストしているモジュールすべてを 「::」を使って表示した名前のことです。 クラスパスの例としては「CGI::Session」「Net::HTTP」が挙げられます。

[RETURN]
名前のないモジュール / クラスに対しては nil を返します。
module A
  module B
  end

  p B.name  #=> "A::B"

  class C
  end
end

p A.name    #=> "A"
p A::B.name #=> "A::B"
p A::C.name #=> "A::C"

# 名前のないモジュール / クラス
p Module.new.name   #=> nil
p Class.new.name    #=> nil