Ruby 2.5.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > IOクラス > syswrite

instance method IO#syswrite

syswrite(string) -> Integer[permalink][rdoc]

write(2) を用いて string を出力します。 string が文字列でなければ to_s による文字列化を試みます。 実際に出力できたバイト数を返します。

stdio を経由しないので他の出力メソッドと混用すると思わぬ動作 をすることがあります。

[PARAM] string:
自身に書き込みたい文字列を指定します。
[EXCEPTION] IOError:
自身が書き込み用にオープンされていなければ発生します。
[EXCEPTION] Errno::EXXX:
出力に失敗した場合に発生します。


File.open("testfile", "w+") do |f|
  f.syswrite("ABCDE") # => 5
  f.syswrite(:ABC)    # => 3
end
File.read("testfile") # => "ABCDEABC"