singleton method Date._strptime

_strptime(str, format = '%F') -> Hash[permalink][rdoc]

このメソッドは Date.strptime と似ていますが、日付オブジェクトを生成せずに、見いだした要素をハッシュで返します。

[PARAM] str:
日付をあらわす文字列
[PARAM] format:
書式文字列

書式文字列に使用できるものは以下の通りです。

  • %A: 曜日の名称(Sunday, Monday ... )
  • %a: 曜日の省略名(Sun, Mon ... )
  • %B: 月の名称(January, February ... )
  • %b: 月の省略名(Jan, Feb ... )
  • %C: 世紀 (2009年であれば 20)
  • %c: 日付と時刻 (%a %b %e %T %Y)
  • %D: 日付 (%m/%d/%y)
  • %d: 日(01-31)
  • %e: 日。一桁の場合、半角空白で埋める ( 1..31)
  • %F: %Y-%m-%d と同等 (ISO 8601の日付フォーマット)
  • %H: 24時間制の時(00-23)
  • %h: %b と同等
  • %I: 12時間制の時(01-12)
  • %j: 年中の通算日(001-366)
  • %k: 24時間制の時。一桁の場合、半角空白で埋める ( 0..23)
  • %L: ミリ秒 (000..999)
  • %l: 12時間制の時。一桁の場合、半角空白で埋める ( 0..12)
  • %M: 分(00-59)
  • %m: 月を表す数字(01-12)
  • %n: 改行 (\n)
  • %N: 秒の小数点以下
  • %P: 午前または午後(am,pm)
  • %p: 午前または午後(AM,PM)
  • %Q: 1970-01-01 00:00:00 UTC からの経過ミリ秒
  • %R: 24時間制の時刻。%H:%M と同等。
  • %r: 12時間制の時刻。%I:%M:%S %p と同等。
  • %S: 秒(00-60) (60はうるう秒)
  • %s: 1970-01-01 00:00:00 UTC からの経過秒
  • %T: 24時間制の時刻。%H:%M:%S と同等。
  • %t: タブ文字 (\t)
  • %U: 週を表す数。最初の日曜日が第1週の始まり(00-53)
  • %u: 月曜日を1とした、曜日の数値表現 (1..7)
  • %V: ISO 8601形式の暦週 (01..53)
  • %v: VMS形式の日付 (%e-%b-%Y)
  • %W: 週を表す数。最初の月曜日が第1週の始まり(00-53)
  • %w: 曜日を表す数。日曜日が0(0-6)
  • %X: 時刻 (%Tと同等)
  • %x: 日付 (%Dと同等)
  • %Y: 西暦を表す数
  • %y: 西暦の下2桁(00-99)
  • %z: タイムゾーン。UTCからのオフセット (例 +0900)
  • %:z: タイムゾーン。コロンが入ったUTCからのオフセット (例 +09:00)
  • %::z: タイムゾーン。コロンが入った秒まで含むUTCからのオフセット (例 +09:00:00)
  • %Z: タイムゾーン名
  • %%: %自身
  • %+: date(1)の形式 (%a %b %e %H:%M:%S %Z %Y)