Ruby 2.6.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Arrayクラス > product

instance method Array#product

product(*lists) -> Array[permalink][rdoc]
product(*lists) { |e| ... } -> self

レシーバの配列と引数で与えられた配列(複数可)のそれぞれから要素を1 個ずつとって配列とし,それらのすべての配列を要素とする配列を返します。

返される配列の長さは,レシーバと引数で与えられた配列の長さのすべての積にな ります。

[PARAM] lists:
配列。複数指定可能。

例:

[1,2,3].product([4,5])     # => [[1,4],[1,5],[2,4],[2,5],[3,4],[3,5]]
[1,2].product([1,2])       # => [[1,1],[1,2],[2,1],[2,2]]
[1,2].product([3,4],[5,6]) # => [[1,3,5],[1,3,6],[1,4,5],[1,4,6],
                           #     [2,3,5],[2,3,6],[2,4,5],[2,4,6]]
[1,2].product()            # => [[1],[2]]
[1,2].product([])          # => []

ブロックが与えられた場合、作成した配列の各要素を引数としてブロックを実 行して self を返します。

a = []
[1,2,3].product([4,5]) {|e| a << e} # => [1,2,3]
a # => [[1,4],[1,5],[2,4],[2,5],[3,4],[3,5]]