Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > GC::Profilerモジュール

module GC::Profiler

クラスの継承リスト: GC::Profiler

要約

GC の起動回数や起動したタイミング、処理時間などの GC に関するプロファイル 情報や、ヒープ全体のサイズ、ヒープ内での使用サイズやヒープ内に存在する オブジェクトの個数といった情報を扱うモジュールです。

@see GC

目次

特異メソッド
clear disable enable enabled? raw_data report result total_time

特異メソッド

clear -> nil[permalink][rdoc]

蓄積している GC のプロファイル情報をすべて削除します。

例:

GC::Profiler.enable
GC.start
GC.start
GC::Profiler.report #=> 2 回分の GC のプロファイル情報出力する。
GC::Profiler.clear
GC.start
GC::Profiler.report #=> 1 回分の GC のプロファイル情報出力する。
disable -> nil[permalink][rdoc]

GC のプロファイラを停止します。

例:

GC::Profiler.disable
GC::Profiler.enabled? #=> false

このメソッドでは、蓄積したプロファイル情報は破棄しません。 破棄したい場合は GC::Profiler.clear を呼び出してください。

[SEE_ALSO] GC::Profiler.enable, GC::Profiler.enabled?

enable -> nil[permalink][rdoc]

GC のプロファイラを起動します。

このメソッドを呼び出してから GC が発生すると、 GC についてプロファイル情報を取得します。

例:

GC::Profiler.enable
GC::Profiler.enabled? #=> true

[SEE_ALSO] GC::Profiler.disable, GC::Profiler.enabled?

enabled? -> bool[permalink][rdoc]

GC のプロファイラを起動中であれば true、停止中であれば false を返します。

例:

GC::Profiler.enabled? #=> false
GC::Profiler.enable
GC::Profiler.enabled? #=> true
GC::Profiler.disable
GC::Profiler.enabled? #=> false

[SEE_ALSO] GC::Profiler.enable, GC::Profiler.disable

raw_data -> [Hash, ...] | nil[permalink][rdoc]

GC のプロファイル情報を GC の発生ごとに Hash の配列 (:GC_INVOKE_TIME が早いもの順)で返します。GC::Profiler が有効になっ ていない場合は nil を返します。

例:

GC::Profiler.enable
GC.start
GC::Profiler.raw_data
# => [
  {
     :GC_TIME=>1.3000000000000858e-05,
     :GC_INVOKE_TIME=>0.010634999999999999,
     :HEAP_USE_SIZE=>289640,
     :HEAP_TOTAL_SIZE=>588960,
     :HEAP_TOTAL_OBJECTS=>14724,
     :GC_IS_MARKED=>false
  },
  # ...
]

各項目の意味を以下に示します。

:GC_TIME

GC の処理時間(秒)

:GC_INVOKE_TIME

Ruby が起動してから GC が起動するまでに経過した時間(秒)

:HEAP_USE_SIZE

ヒープ内での使用サイズ(バイト)

:HEAP_TOTAL_SIZE

ヒープ全体のサイズ(バイト)

:HEAP_TOTAL_OBJECTS

ヒープ内に存在するオブジェクトの個数

:GC_IS_MARKED

GC がマークフェイズかどうか

また、GC_PROFILE_MORE_DETAIL を有効にして Ruby をビルドした場合、以下の キーも参照できます。

[SEE_ALSO] GC::Profiler.report, GC::Profiler.result

report(out = $stdout) -> nil[permalink][rdoc]

GC::Profiler.result の結果を out に出力します。

[PARAM] out:
結果の出力先を指定します。デフォルトは $stdout です。

[SEE_ALSO] GC::Profiler.result

result -> String[permalink][rdoc]

GC のプロファイル情報をフォーマットし、文字列として返します。

プロファイル情報は、GC の発生ごとに集計します。 以下は、5 回 GC が発生した場合の実行例です。

$ ruby -e "GC::Profiler.enable; a = Array.new(100000){ 'aa' }; puts GC::Profiler.result"
GC 5 invokes.
Index    Invoke Time(sec)       Use Size(byte)     Total Size(byte)         Total Object                    GC Time(ms)
    1               0.012               165600               212940                10647         0.00000000000000000000
    2               0.016               343700               360360                18018         0.00000000000000014129
    3               0.024               605620               622440                31122         0.00000000000000008843
    4               0.028              1080280              1097460                54873         0.40010000000000001119
    5               0.044              1931420              1949220                97461         0.40009999999999984466

各項目の意味を以下に示します。

GC invokes

GC の起動回数

Invoke Time

Ruby が起動してから GC が起動するまでに経過した時間

Use Size

ヒープ内での使用サイズ

Total Size

ヒープ全体のサイズ

Total Object

ヒープ内に存在するオブジェクトの個数

GC Time

GC の処理時間

[SEE_ALSO] GC::Profiler.report

total_time -> Float[permalink][rdoc]

GC のプロファイル情報から GC の総計時間を計算し、msec 単位で返します。