Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > FalseClassクラス

class FalseClass

クラスの継承リスト: FalseClass < Object < Kernel < BasicObject
dynamic include: JSON::Generator::GeneratorMethods::FalseClass (by json)

要約

false のクラス。 false は FalseClass クラスの唯一のインスタンスです。 false は nil オブジェクトとともに偽を表し、 その他の全てのオブジェクトは真です。

目次

インスタンスメソッド
& ^ inspect to_s |

インスタンスメソッド

self & other -> false[permalink][rdoc]

常に false を返します。

[PARAM] other:
論理積を行なう式です。

& は再定義可能な演算子に分類されていますので、通常は false & other の形で使われます。

p false & true     #=> false
p false & false    #=> false
p false & nil      #=> false
p false & (1 == 1) #=> false
p false & (1 + 1)  #=> false

p false.&(true)    #=> false
p false.&(false)   #=> false
p false.&(nil)     #=> false
p false.&(1 == 1)  #=> false
p false.&(1 + 1)   #=> false
self ^ other -> bool[permalink][rdoc]

other が真なら true を, 偽なら false を返します。

[PARAM] other:
排他的論理和を行なう式です。

^ は再定義可能な演算子に分類されていますので、通常は false ^ other の形で使われます。

p false ^ true     #=> true
p false ^ false    #=> false
p false ^ nil      #=> false
p false ^ (1 == 1) #=> true
p false ^ (1 + 1)  #=> true

p false.^(true)    #=> true
p false.^(false)   #=> false
p false.^(nil)     #=> false
p false.^(1 == 1)  #=> true
p false.^(1 + 1)   #=> true
to_s -> String[permalink][rdoc]
inspect -> String

常に文字列 "false" を返します。

self | other -> bool[permalink][rdoc]

other が真なら true を, 偽なら false を返します。

[PARAM] other:
論理和を行なう式です。

| は再定義可能な演算子に分類されていますので、通常は false | other の形で使われます。

p false | true     #=> true
p false | false    #=> false
p false | nil      #=> false
p false | (1 == 1) #=> true
p false | (1 + 1)  #=> true

p false.|(true)    #=> true
p false.|(false)   #=> false
p false.|(nil)     #=> false
p false.|(1 == 1)  #=> true
p false.|(1 + 1)   #=> true