instance method Numeric#divmod

divmod(other) -> [Numeric][permalink][rdoc]

self を other で割った商 q と余り r を、 [q, r] という 2 要素の配列にして返します。商 q は常に整数ですが、余り r は整数であるとは限りません。

ここで、商 q と余り r は、

  • self == other * q + r

  • other > 0 のとき: 0 <= r < other
  • other < 0 のとき: other < r <= 0
  • q は整数

をみたす数です。 divmod が返す商は Numeric#div と同じです。また余りは、Numeric#modulo と同じです。このメソッドは、メソッド / と % によって定義されています。

[PARAM] other:
自身を割る数を指定します。
11.divmod(3)         #=> [3, 2]
(11.5).divmod(3.5)   #=> [3, 1.0]
11.divmod(-3)        #=> [-4, -1]
11.divmod(3.5)       #=> [3, 0.5]
(-11).divmod(3.5)    #=> [-4, 3.0]

[SEE_ALSO] Numeric#div, Numeric#modulo