Ruby 2.5.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > fileutilsライブラリ > FileUtilsモジュール > makedirs

module function FileUtils.#makedirs

mkdir_p(list, options = {}) -> Array[permalink][rdoc]
mkpath(list, options = {}) -> Array
makedirs(list, options = {}) -> Array

ディレクトリ dir とその親ディレクトリを全て作成します。

例えば、

require 'fileutils'
FileUtils.mkdir_p('/usr/local/lib/ruby')

は以下の全ディレクトリを (なければ) 作成します。

[PARAM] list:
作成するディレクトリ。一つの場合は文字列でも指定できます。 二つ以上指定する場合は配列で指定します。
[PARAM] options:
:mode, :noop, :verbose が指定できます。 FileUtils/オプションの説明
[RETURN]
ディレクトリ名文字列の配列を返します。