Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > rubygems/versionライブラリ > Gem::Versionクラス

class Gem::Version

クラスの継承リスト: Gem::Version < Comparable < Object < Kernel < BasicObject

要約

文字列で表現されたバージョンを比較可能 (Comparable) にするためのクラスです。

目次

特異メソッド
correct? create
インスタンスメソッド
<=> bump eql? marshal_dump marshal_load prerelease? release to_s version version=

特異メソッド

correct?(version) -> bool[permalink][rdoc]

version が正しいバージョンであれば真を返します。そうでなければ偽を返します。

[PARAM] version:
バージョンを文字列か数値で指定します。
create(input) -> Gem::Version | nil[permalink][rdoc]

Gem::Version のインスタンスを作成するためのファクトリメソッドです。

例:

ver1 = Gem::Version.create('1.3.17')   # => #<Gem::Version "1.3.17">
ver2 = Gem::Version.create(ver1)       # => #<Gem::Version "1.3.17">
ver3 = Gem::Version.create(nil)        # => nil
[PARAM] input:
Gem::Version のインスタンスか文字列を指定します。
[EXCEPTION] ArgumentError:
input がバージョンとして不正なオブジェクトである場合に発生します。

[SEE_ALSO] Gem::Version.correct?

インスタンスメソッド

self <=> other -> Integer | nil[permalink][rdoc]

self と other を比較して、self が大きい時に 1 等しい時に 0、小さい時に -1 の整数を返します。

[PARAM] other:
比較対象の Gem::Version のインスタンスを指定します。
bump -> Gem::Version[permalink][rdoc]

最後の一桁を切り上げた新しい Gem::Version のインスタンスを返します。

例:

ver1 = Gem::Version.create('5.3.1') # => #<Gem::Version "5.3.1">
ver2 = ver1.bump                    # => #<Gem::Version "5.4">
eql?(other) -> bool[permalink][rdoc]

self と other の Gem::Version#version が等しいとき真を返します。 そうでなければ偽を返します。

例:

ver1 = Gem::Version.create('1.0')   # => #<Gem::Version "1.0">
ver2 = Gem::Version.create('1')     # => #<Gem::Version "1">
ver3 = Gem::Version.create('1.2.3') # => #<Gem::Version "1.2.3">
ver1.eql?(ver2)                     # => true
ver1.eql?(ver3)                     # => false
marshal_dump -> Array[permalink][rdoc]

完全なオブジェクトではなく、バージョン文字列のみダンプします。

marshal_load(array) -> String[permalink][rdoc]

ダンプされた情報をロードします。

[PARAM] array:
バージョン情報を含む配列を指定します。
prerelease? -> bool[permalink][rdoc]

self がプレリリースと思われる文字を含むバージョンかどうかを返します。



Gem::Version.new('1.2.0a').prerelease? # => true
Gem::Version.new('1.2.0').prerelease?  # => false

[SEE_ALSO] Gem::Version#release

release -> Gem::Version[permalink][rdoc]

self をリリースバージョンにした Gem::Version オブジェクトを返します。

プレリリースではないバージョンであれば self を返します。



Gem::Version.new('1.2.0a').release # => #<Gem::Version "1.2.0">
Gem::Version.new('1.2.0').release  # => #<Gem::Version "1.2.0">

[SEE_ALSO] Gem::Version#prerelease?

to_s -> String[permalink][rdoc]

バージョン情報を文字列として返します。

version -> String[permalink][rdoc]

バージョン情報を文字列として返します。

version=(version)[permalink][rdoc]

self のバージョン情報を書き換えます。

[TODO] Gem::Requirement に書く