るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
142件ヒット [1-100件を表示] (0.028秒)
トップページ > クエリ:split[x] > 種類:インスタンスメソッド[x]

別のキーワード

  1. tcltklib _split_tklist
  2. _builtin split
  3. uri split
  4. shell split
  5. pathname split

モジュール

キーワード

検索結果

<< 1 2 > >>

String#split(sep = $;, limit = 0) -> [String] | [[String]] (18222.0)

第 1 引数 sep で指定されたセパレータによって文字列を limit 個まで分割し、 結果を文字列の配列で返します。

...p " a \t b \n c".split(/\s+/) # => ["", "a", "b", "c"]

p " a \t b \n c".split(nil) # => ["a", "b", "c"]
p " a \t b \n c".split(' ') # => ["a", "b", "c"] # split(nil) と同じ
p " a \t b \n c".split # => ["a", "b", "c"] # split(nil) と同じ

#...
...p '1-10,20'.split(/([-,])/) # => ["1", "-", "10", ",", "20"]

# 正規表現が空文字列にマッチする場合は 1 文字に分割
p 'hi there'.split(/\s*/).join(':') # => "h:i:t:h:e:r:e"

# 文字列全体を 1 文字ずつに分割する例
p 'hi there'.split(//).join(':'...
...'.split(//).join(':') # => "文:字:列"

# limit == 0 だと制限なく分割、配列末尾の空文字列は取り除かれる
p "a,b,c,,,".split(/,/, 0) # => ["a", "b", "c"]

# limit 省略時は 0 と同じ (最もよく使われるパターン)
p "a,b,c,,,".split(/,/)...
...p "a,b,c,,,".split(/,/, 0) # => ["a", "b", "c"]

# limit 省略時は 0 と同じ (最もよく使われるパターン)
p "a,b,c,,,".split(/,/) # => ["a", "b", "c"]

# 正の limit 使用例
p "a,b,c,d,e".split(/,/, 1) # => ["a,b,c,d,e"]
p "a,b,c,d,e".split(/,/, 2) # =...

Pathname#split -> Array (18124.0)

File.split(self.to_s) と同じです。

...File.split(self.to_s) と同じです。

@see File.split...

BigDecimal#split -> [Integer, String, Integer, Integer] (18108.0)

BigDecimal 値を 0.xxxxxxx*10**n と表現したときに、 符号 (NaNのときは 0、それ以外は+1か-1になります)、 仮数部分の文字列("xxxxxxx")と、基数(10)、更に指数 n を配列で返します。

...分の文字列("xxxxxxx")と、基数(10)、更に指数 n を配列で返します。

a = BigDecimal::new("3.14159265")
f, x, y, z = a.split

とすると、f =+ 1、x = "314159265"、y = 10、z = 1 になります。
従って、以下のようにする事で Float に変換すること...

Shell#split(pathname) -> [String] (18108.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

...File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param pathname パス名を表す文字列を指定します。

@see File.split...

Shell::CommandProcessor#split(pathname) -> [String] (18108.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

...File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param pathname パス名を表す文字列を指定します。

@see File.split...

絞り込み条件を変える

Shell::Filter#split(pathname) -> [String] (18108.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

...File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param pathname パス名を表す文字列を指定します。

@see File.split...

FileUtils#split_all(path) -> Array (6108.0)

与えられたパスをディレクトリごとに分割します。

...与えられたパスをディレクトリごとに分割します。

@param path 分割するパスを指定します。

例:
split
_all("a/b/c") => ['a', 'b', 'c']...

MultiTkIp#_split_tklist(str) (6102.0)

@todo

@todo

RemoteTkIp#_split_tklist(str) (6102.0)

@todo

@todo

TclTkIp#_split_tklist(list_str) (6102.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

String#shellsplit -> [String] (6101.0)

Bourne シェルの単語分割規則に従った空白区切りの単語分割を行い、 単語 (文字列) の配列を返します。

...単語分割規則に従った空白区切りの単語分割を行い、
単語 (文字列) の配列を返します。

string.shellsplit は、Shellwords.shellsplit(string) と等価です。

@return 分割結果の各文字列を要素とする配列を返します。
@raise ArgumentError 引数...
...の中に対でないシングルクォートまたはダブル
クォートが現れた場合に発生します。
@see Shellwords.#shellsplit...

Array#pack(template) -> String (13.0)

配列の内容を template で指定された文字列にしたがって、 バイナリとしてパックした文字列を返します。

...する例
//emlist{
"61 62 63 64 65 66".delete(' ').to_a.pack('H*').unpack('C*')
# => [97, 98, 99, 100, 101, 102]

"61 62 63 64 65 66".split.collect {|c| c.hex}
# => [97, 98, 99, 100, 101, 102]
//}

: バイナリと16進数のpackでは長さ指定は生成されるバイト数で...
...レス
//emlist{
require 'socket'
Socket.gethostbyname("localhost")[3].unpack("C4").join(".")
# => "127.0.0.1"

"127.0.0.1".split(".").collect {|c| c.to_i}.pack("C4")
# => "\177\000\000\001"
//}

: sockaddr_in 構造体
//emlist{
require 'socket'
[Socket::AF...

BigDecimal#to_f -> Float (13.0)

self の近似値を表す Float オブジェクトに変換します。

...Float オブジェクトに変換します。

仮数部や指数部の情報が必要な場合は、BigDecimal#split メソッドを利
用してください。

@see BigDecimal#split...

Enumerable#slice_before {|elt| bool } -> Enumerator (13.0)

パターンがマッチした要素、もしくはブロックが真を返した要素から 次にマッチする手前までを チャンク化(グループ化)したものを繰り返す Enumerator を 返します。

...ols]
h[:cols] = w.length
true
else
false
end
}
end
text = (1..20).to_a.join(" ")
enum = wordwrap(text.split(/\s+/), 10)
puts "-"*10
enum.each {|ws| puts ws.join(" ") }
puts "-"*10
#=> ----------
# 1 2 3 4 5
# 6 7 8 9 10
# 11 12 13
#...
...== "\n"
fields = header.slice_before {|line| !" \t".include?(line[0]) }.to_a
p unix_from
pp fields
pp body
}
}

# split mails in mbox (slice before Unix From line after an empty line)
open("mbox") {|f|
f.slice_before(emp: true) {|line,h|
prevemp = h[:emp...

Enumerable#slice_before(initial_state) {|elt, state| bool } -> Enumerator (13.0)

パターンがマッチした要素、もしくはブロックが真を返した要素から 次にマッチする手前までを チャンク化(グループ化)したものを繰り返す Enumerator を 返します。

...ols]
h[:cols] = w.length
true
else
false
end
}
end
text = (1..20).to_a.join(" ")
enum = wordwrap(text.split(/\s+/), 10)
puts "-"*10
enum.each {|ws| puts ws.join(" ") }
puts "-"*10
#=> ----------
# 1 2 3 4 5
# 6 7 8 9 10
# 11 12 13
#...
...== "\n"
fields = header.slice_before {|line| !" \t".include?(line[0]) }.to_a
p unix_from
pp fields
pp body
}
}

# split mails in mbox (slice before Unix From line after an empty line)
open("mbox") {|f|
f.slice_before(emp: true) {|line,h|
prevemp = h[:emp...

絞り込み条件を変える

Enumerable#slice_before(pattern) -> Enumerator (13.0)

パターンがマッチした要素、もしくはブロックが真を返した要素から 次にマッチする手前までを チャンク化(グループ化)したものを繰り返す Enumerator を 返します。

...ols]
h[:cols] = w.length
true
else
false
end
}
end
text = (1..20).to_a.join(" ")
enum = wordwrap(text.split(/\s+/), 10)
puts "-"*10
enum.each {|ws| puts ws.join(" ") }
puts "-"*10
#=> ----------
# 1 2 3 4 5
# 6 7 8 9 10
# 11 12 13
#...
...== "\n"
fields = header.slice_before {|line| !" \t".include?(line[0]) }.to_a
p unix_from
pp fields
pp body
}
}

# split mails in mbox (slice before Unix From line after an empty line)
open("mbox") {|f|
f.slice_before(emp: true) {|line,h|
prevemp = h[:emp...
<< 1 2 > >>