るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
37件ヒット [1-37件を表示] (0.088秒)
トップページ > クエリ:split[x] > クエリ:net/http[x]

別のキーワード

  1. net/http get
  2. net/imap name
  3. net/imap param
  4. net/http start
  5. net/pop pop

検索結果

net/http (38060.0)

汎用データ転送プロトコル HTTP を扱うライブラリです。 実装は 2616 に基きます。

...表示するだけ
require 'net/http'
Net::HTTP.get_print 'www.example.com', '/index.html'

例2: URI を使う
require 'net/http'
require 'uri'
Net::HTTP.get_print URI.parse('http://www.example.com/index.html')

例3: より汎用的な例

require 'net/http'
require 'uri'

url =...
...
require 'net/http'

url = URI.parse('http://www.example.com/index.html')
req = Net::HTTP::Get.new(url.path)
res = Net::HTTP.start(url.host, url.port) {|http|
http.request(req)
}
puts res.body

==== フォームの情報を送信する (POST)
require 'net/http'
require 'uri'...
...できます。
proxy_host = 'your.proxy.host'
proxy_port = 8080
uri = URI.parse(ENV['http_proxy'])
proxy_user, proxy_pass = uri.userinfo.split(/:/) if uri.userinfo
Net::HTTP::Proxy(proxy_host, proxy_port,
proxy_user, proxy_pass).start('www.example.com') {|http|
# al...

Net::HTTPHeader#canonical_each {|name, value| .... } -> () (8006.0)

ヘッダフィールドの正規化名とその値のペアを ブロックに渡し、呼びだします。

...ィールドの正規化名とその値のペアを
ブロックに渡し、呼びだします。

正規化名は name に対し
name.downcase.split(/-/).capitalize.join('-')
で求まる文字列です。...

Net::HTTPHeader#each_capitalized {|name, value| .... } -> () (8006.0)

ヘッダフィールドの正規化名とその値のペアを ブロックに渡し、呼びだします。

...ィールドの正規化名とその値のペアを
ブロックに渡し、呼びだします。

正規化名は name に対し
name.downcase.split(/-/).capitalize.join('-')
で求まる文字列です。...

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (108.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...だけでなく "\0" も strip するようになりました。((<ruby-talk:76659>))

: ((<String#scan|String/scan>)) [change]
: ((<String#split|String/split>)) [change]
: ((<String#sub|String/sub>)), ((<String#sub!|String/sub!>)) [change]
: ((<String#gsub|String/gsub>)), ((<String#gsub!|String/gsu...
...() の第二引数(ローカルファイル名)が省略可能になりました。
メソッド get(), put(), binary(), binary = 追加

: ((<"net/http">)) [compat]
Net::HTTP のクラスメソッドで ((<URI>)) オブジェクトが使えるようになった。

Net::HTTP.get_print(URI...
...nux]
true
true

: ((<String#split|String/split>)) [bug]

空文字列に対する split が空文字列を要素に持つ配列を返していました。

p "".split(//)
p "".split(//, 0)
p "".split(//, 1)
=> ruby 1.6.8 (2002-12-24) [i586-l...

ruby 1.6 feature (24.0)

ruby 1.6 feature ruby version 1.6 は安定版です。この版での変更はバグ修正がメイン になります。

...-05 String#split

最初の引数に nil を指定できるようになりました。((<ruby-talk:43513>))
この場合、$; を分割文字列として使用します。以前までは $; が有効にな
るのは引数省略時だけでした。

$; = ":"
p "a:b:c".split(nil)
=...
...(2002-03-01) [i586-linux]
1
1

=> ruby 1.6.7 (2002-03-29) [i586-linux]
2
2

: 2002-03-22 ((<"net/http">))

Net::HTTP.new がブロックなしのときに nil を返していました。
((<ruby-bugs-ja:PR#214>))

net/protocol は削除さ...

絞り込み条件を変える

ruby 1.9 feature (12.0)

ruby 1.9 feature ruby version 1.9.0 は開発版です。 以下にあげる機能は将来削除されたり互換性のない仕様変更がなされるかもしれません。 1.9.1 以降は安定版です。 バグ修正がメインになります。

...[obsolete]
: gsub! [obsolete]
: chop [obsolete]
: chop! [obsolete]
: chomp [obsolete]
: chomp! [obsolete]
: split [obsolete]
: scan [obsolete]

削除

=== 2005-10-21
: funcall [new]

fcall から改名

: Module#instance_exec [new]...
...Header#set_content_type [lib] [new]

: Net::HTTPRequest#body(=) [lib] [new]
: Net::HTTPRequest#body_stream(=) [lib] [new]

=== 2004-03-05
: net/http [lib] [new]
support WebDAV methods, PROPPATCH, LOCK, UNLOCK, OPTIONS, PROPFIND,
DELETE, MOVE, COPY, MKCOL.

: Net::HTTPResponse#response [l...