るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
35件ヒット [1-35件を表示] (0.017秒)

別のキーワード

  1. tcltklib _split_tklist
  2. _builtin split
  3. uri split
  4. shell split
  5. pathname split

ライブラリ

クラス

モジュール

検索結果

String#split(sep = $;, limit = 0) -> [String] | [[String]] (18327.0)

第 1 引数 sep で指定されたセパレータによって文字列を limit 個まで分割し、 結果を文字列の配列で返します。

...p " a \t b \n c".split(/\s+/) # => ["", "a", "b", "c"]

p " a \t b \n c".split(nil) # => ["a", "b", "c"]
p " a \t b \n c".split(' ') # => ["a", "b", "c"] # split(nil) と同じ
p " a \t b \n c".split # => ["a", "b", "c"] # split(nil) と同じ

#...
...p '1-10,20'.split(/([-,])/) # => ["1", "-", "10", ",", "20"]

# 正規表現が空文字列にマッチする場合は 1 文字に分割
p 'hi there'.split(/\s*/).join(':') # => "h:i:t:h:e:r:e"

# 文字列全体を 1 文字ずつに分割する例
p 'hi there'.split(//).join(':'...
...'.split(//).join(':') # => "文:字:列"

# limit == 0 だと制限なく分割、配列末尾の空文字列は取り除かれる
p "a,b,c,,,".split(/,/, 0) # => ["a", "b", "c"]

# limit 省略時は 0 と同じ (最もよく使われるパターン)
p "a,b,c,,,".split(/,/)...
...p "a,b,c,,,".split(/,/, 0) # => ["a", "b", "c"]

# limit 省略時は 0 と同じ (最もよく使われるパターン)
p "a,b,c,,,".split(/,/) # => ["a", "b", "c"]

# 正の limit 使用例
p "a,b,c,d,e".split(/,/, 1) # => ["a,b,c,d,e"]
p "a,b,c,d,e".split(/,/, 2) # =...
...: 1 バイトの空白文字 ' '
先頭と末尾の空白を除いたうえで、空白文字列で分割する。
: nil
常に $; で分割する。 $; も nil の場合は、先頭と末尾の空白を除いたうえで、空白文字列で分割する。
: 空文字列 '' あるいは空...

Kernel$$; -> Regexp | String | nil (15141.0)

String#split で引数を省略した場合の区切り文字です。

...String#split で引数を省略した場合の区切り文字です。

nilを設定すると特殊な分割を行います。
詳細は String#split を参照してください。

コマンドラインオプション -F を指定して Ruby を起動した場合、
初期値は -F で指定した...
...期値は nil です。

$;
には任意のオブジェクトを代入できます。
ただし、String#split の仕様変更を考慮すると
常に正規表現を指定すべきです。

Ruby のバージョンによらず動作するプログラムを書くときは
$;
に頼らないコード...

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (108.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...: ((<String#split|String/split>)) [change]
: ((<String#sub|String/sub>)), ((<String#sub!|String/sub!>)) [change]
: ((<String#gsub|String/gsub>)), ((<String#gsub!|String/gsub!>)) [change]
: ((<String#~|String/~>)) [obsolete]
: ((<String#=~|String/=~>)) [obsolete]
: ((<組み込み変数/$;>)) [comp...
...Regexp.compile(Regexp.quote(arg)) =~ str と等価な str.index(arg) が
# 実行されます(したがって、$~ は設定されません)。

$;
の指定に正規表現が許されるようになりました。これに伴い、文字列以
外を設定しても例外 ((<TypeError>)) は...
...nux]
true
true

: ((<String#split|String/split>)) [bug]

空文字列に対する split が空文字列を要素に持つ配列を返していました。

p "".split(//)
p "".split(//, 0)
p "".split(//, 1)
=> ruby 1.6.8 (2002-12-24) [i586-l...

Kernel$$-F -> Regexp | String | nil (41.0)

String#split で引数を省略した場合の区切り文字です。

...String#split で引数を省略した場合の区切り文字です。

nilを設定すると特殊な分割を行います。
詳細は String#split を参照してください。

コマンドラインオプション -F を指定して Ruby を起動した場合、
初期値は -F で指定した...
...期値は nil です。

$;
には任意のオブジェクトを代入できます。
ただし、String#split の仕様変更を考慮すると
常に正規表現を指定すべきです。

Ruby のバージョンによらず動作するプログラムを書くときは
$;
に頼らないコード...

ruby 1.6 feature (30.0)

ruby 1.6 feature ruby version 1.6 は安定版です。この版での変更はバグ修正がメイン になります。

...-05 String#split

最初の引数に nil を指定できるようになりました。((<ruby-talk:43513>))
この場合、$; を分割文字列として使用します。以前までは $; が有効にな
るのは引数省略時だけでした。

$;
= ":"
p "a:b:c".split(nil)
=...

絞り込み条件を変える