るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
346件ヒット [301-346件を表示] (0.022秒)

別のキーワード

  1. tcltklib _split_tklist
  2. _builtin split
  3. uri split
  4. shell split
  5. pathname split

ライブラリ

モジュール

検索結果

<< < ... 2 3 4 >>

String#partition(sep) -> [String, String, String] (6.0)

セパレータ sep が最初に登場する部分で self を 3 つに分割し、 [最初のセパレータより前の部分, セパレータ, それ以降の部分] の 3 要素の配列を返します。

...ます。

@param sep セパレータを表す文字列か正規表現を指定します。

例:

p "axaxa".partition("x") # => ["a", "x", "axa"]
p "aaaaa".partition("x") # => ["aaaaa", "", ""]
p "aaaaa".partition("") # => ["aaaaa", "", ""]

@see String#rpartition, String#split...
...ます。

@param sep セパレータを表す文字列か正規表現を指定します。

例:

p "axaxa".partition("x") # => ["a", "x", "axa"]
p "aaaaa".partition("x") # => ["aaaaa", "", ""]
p "aaaaa".partition("") # => ["", "", "aaaaa"]

@see String#rpartition, String#split...

String#rpartition(sep) -> [String, String, String] (6.0)

セパレータ sep が最後に登場する部分で self を 3 つに分割し、 [最後のセパレータより前の部分, セパレータ, それ以降の部分] の 3 要素の配列を返します。

...第 1 要素と第 2 要素が空文字列になります。

@param sep セパレータを表す文字列か正規表現を指定します。

例:

p "axaxa".rpartition("x") # => ["axa", "x", "a"]
p "aaaaa".rpartition("x") # => ["", "", "aaaaa"]

@see String#partition, String#split...

Syck.add_builtin_type(type_tag) {|type, val| ...} -> nil (6.0)

yaml.org,2002ドメインに属しているクラスをYAMLに追加し そのクラスを見つけたときの操作を指定します。

...AML::DomainType:0x2b0767c @type_id="Rational", @domain="yaml.org,2002", @value="3/4">

YAML.add_builtin_type("Rational"){|type, val|
md = val.split(/\//)
Rational.new!(md[0].to_i, md[1].to_i)
}

p YAML.load(str1)
#=> #<YAML::DomainType:0x2b06fec @type_id="Rational", @domain="ruby.y...

Syck::Stream#emit(io = nil) -> IO | String (6.0)

ストリームに含まれる各ドキュメントを引数 io に YAML 形式で書き込みます。 io が nil の場合は文字列を返します。

...end

ys = YAML::Stream.new
ys.add(Dog.new("pochi"))
ys.edit(1, { :age => 17, :color => "white"})
ys.edit(2, [ "Chiba", "Saitama"])
ys.emit.split(/\n/).each {|l|
puts l
}

#結果
--- !ruby/object:Dog
name: pochi
---
:age: 17
:color: white
---
- Chiba
- Saitama...

Thread::ConditionVariable (6.0)

スレッドの同期機構の一つである状態変数を実現するクラスです。

...end

alias send enq
alias recv deq
end

if __FILE__ == $0
q = TinyQueue.new(1)
foods = 'Apple Banana Strawberry Udon Rice Milk'.split
l = []

th = Thread.new {
for obj in foods
q.send(obj)
print "sent ", obj, "\n"
end
q.send nil
}...

絞り込み条件を変える

TkGrid.#rowconfigure(master, index, args) (6.0)

@todo

...weight 0"

((-戻り値は、hashにしたい-))

require "tk"

module TkGrid
def columnconfigure(master, index, args=None)
Hash[tk_split_list(tk_call "grid", 'columnconfigure', master, index, *hash_kv(args))]
end

def rowconfigure(master, index, args=None)
tk_tcl2rub...

YAML.add_builtin_type(type_tag) {|type, val| ...} -> nil (6.0)

yaml.org,2002ドメインに属しているクラスをYAMLに追加し そのクラスを見つけたときの操作を指定します。

...AML::DomainType:0x2b0767c @type_id="Rational", @domain="yaml.org,2002", @value="3/4">

YAML.add_builtin_type("Rational"){|type, val|
md = val.split(/\//)
Rational.new!(md[0].to_i, md[1].to_i)
}

p YAML.load(str1)
#=> #<YAML::DomainType:0x2b06fec @type_id="Rational", @domain="ruby.y...

YAML::Stream#emit(io = nil) -> IO | String (6.0)

ストリームに含まれる各ドキュメントを引数 io に YAML 形式で書き込みます。 io が nil の場合は文字列を返します。

...end

ys = YAML::Stream.new
ys.add(Dog.new("pochi"))
ys.edit(1, { :age => 17, :color => "white"})
ys.edit(2, [ "Chiba", "Saitama"])
ys.emit.split(/\n/).each {|l|
puts l
}

#結果
--- !ruby/object:Dog
name: pochi
---
:age: 17
:color: white
---
- Chiba
- Saitama...

csv (6.0)

CSV (Comma Separated Values) を扱うライブラリです。

...メソッドはほとんど全ての点でより優れています。運が良ければ
不正な CSV データを与えても動きます。例えば、クオートされていないフィー
ルドだけを持つ CSV データは次のように簡単にパースできます。

data.split(",")...

find (6.0)

ディレクトリ配下のファイルを探索するためのモジュールです。

...のです。

#! /usr/bin/env ruby
require "find"
# 他人が書き込み可能な危険なコマンドを探す

for dir in ENV['PATH'].split(File::PATH_SEPARATOR)
Find.find(dir) do |fpath|
if File.file?(fpath) and (File.stat(fpath).mode & 022) != 0
printf("file %s is wr...

絞り込み条件を変える

net/http (6.0)

汎用データ転送プロトコル HTTP を扱うライブラリです。 実装は 2616 に基きます。

...できます。
proxy_host = 'your.proxy.host'
proxy_port = 8080
uri = URI.parse(ENV['http_proxy'])
proxy_user, proxy_pass = uri.userinfo.split(/:/) if uri.userinfo
Net::HTTP::Proxy(proxy_host, proxy_port,
proxy_user, proxy_pass).start('www.example.com') {|http|
# al...

ruby 1.9 feature (6.0)

ruby 1.9 feature ruby version 1.9.0 は開発版です。 以下にあげる機能は将来削除されたり互換性のない仕様変更がなされるかもしれません。 1.9.1 以降は安定版です。 バグ修正がメインになります。

...[obsolete]
: gsub! [obsolete]
: chop [obsolete]
: chop! [obsolete]
: chomp [obsolete]
: chomp! [obsolete]
: split [obsolete]
: scan [obsolete]

削除

=== 2005-10-21
: funcall [new]

fcall から改名

: Module#instance_exec [new]...
<< < ... 2 3 4 >>