るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
346件ヒット [201-300件を表示] (0.053秒)

別のキーワード

  1. tcltklib _split_tklist
  2. _builtin split
  3. uri split
  4. shell split
  5. pathname split

ライブラリ

モジュール

検索結果

<< < 1 2 3 4 > >>

Enumerable#slice_before {|elt| bool } -> Enumerator (12.0)

パターンがマッチした要素、もしくはブロックが真を返した要素から 次にマッチする手前までを チャンク化(グループ化)したものを繰り返す Enumerator を 返します。

...ols]
h[:cols] = w.length
true
else
false
end
}
end
text = (1..20).to_a.join(" ")
enum = wordwrap(text.split(/\s+/), 10)
puts "-"*10
enum.each {|ws| puts ws.join(" ") }
puts "-"*10
#=> ----------
# 1 2 3 4 5
# 6 7 8 9 10
# 11 12 13
#...
...== "\n"
fields = header.slice_before {|line| !" \t".include?(line[0]) }.to_a
p unix_from
pp fields
pp body
}
}

# split mails in mbox (slice before Unix From line after an empty line)
open("mbox") {|f|
f.slice_before(emp: true) {|line,h|
prevemp = h[:emp...

Enumerable#slice_before(initial_state) {|elt, state| bool } -> Enumerator (12.0)

パターンがマッチした要素、もしくはブロックが真を返した要素から 次にマッチする手前までを チャンク化(グループ化)したものを繰り返す Enumerator を 返します。

...ols]
h[:cols] = w.length
true
else
false
end
}
end
text = (1..20).to_a.join(" ")
enum = wordwrap(text.split(/\s+/), 10)
puts "-"*10
enum.each {|ws| puts ws.join(" ") }
puts "-"*10
#=> ----------
# 1 2 3 4 5
# 6 7 8 9 10
# 11 12 13
#...
...== "\n"
fields = header.slice_before {|line| !" \t".include?(line[0]) }.to_a
p unix_from
pp fields
pp body
}
}

# split mails in mbox (slice before Unix From line after an empty line)
open("mbox") {|f|
f.slice_before(emp: true) {|line,h|
prevemp = h[:emp...

Enumerable#slice_before(pattern) -> Enumerator (12.0)

パターンがマッチした要素、もしくはブロックが真を返した要素から 次にマッチする手前までを チャンク化(グループ化)したものを繰り返す Enumerator を 返します。

...ols]
h[:cols] = w.length
true
else
false
end
}
end
text = (1..20).to_a.join(" ")
enum = wordwrap(text.split(/\s+/), 10)
puts "-"*10
enum.each {|ws| puts ws.join(" ") }
puts "-"*10
#=> ----------
# 1 2 3 4 5
# 6 7 8 9 10
# 11 12 13
#...
...== "\n"
fields = header.slice_before {|line| !" \t".include?(line[0]) }.to_a
p unix_from
pp fields
pp body
}
}

# split mails in mbox (slice before Unix From line after an empty line)
open("mbox") {|f|
f.slice_before(emp: true) {|line,h|
prevemp = h[:emp...

Enumerator::Lazy (12.0)

map や select などのメソッドの遅延評価版を提供するためのクラス。

...配列を確保しようとしてメモリを使い切ったりはしない
open("log.txt"){|f|
f.each_line.lazy.map{|line|
Hash[line.split(/\t/).map{|s| s.split(/:/, 2)}]
}.select{|hash|
hash["req"] =~ /GET/ && hash["status"] == "200"
}.each{|hash|
p hash
}
}...

Kernel$$FIELD_SEPARATOR -> String | nil (12.0)

$; の別名

...$; の別名

require "English"

str = "hoge,fuga,ugo,bar,foo"
p str.split #=> ["hoge,fuga,ugo,bar,foo"]
$FIELD_SEPARATOR = ","
p str.split #=> ["hoge", "fuga", "ugo", "bar", "foo"]...

絞り込み条件を変える

Kernel$$FS -> String | nil (12.0)

$; の別名

...$; の別名

require "English"

str = "hoge,fuga,ugo,bar,foo"
p str.split #=> ["hoge,fuga,ugo,bar,foo"]
$FIELD_SEPARATOR = ","
p str.split #=> ["hoge", "fuga", "ugo", "bar", "foo"]...

String#unpack(template) -> Array (12.0)

Array#pack で生成された文字列を テンプレート文字列 template にしたがってアンパックし、 それらの要素を含む配列を返します。

...する例
//emlist{
"61 62 63 64 65 66".delete(' ').to_a.pack('H*').unpack('C*')
# => [97, 98, 99, 100, 101, 102]

"61 62 63 64 65 66".split.collect {|c| c.hex}
# => [97, 98, 99, 100, 101, 102]
//}

: バイナリと16進数のpackでは長さ指定は生成されるバイト数で...
...レス
//emlist{
require 'socket'
Socket.gethostbyname("localhost")[3].unpack("C4").join(".")
# => "127.0.0.1"

"127.0.0.1".split(".").collect {|c| c.to_i}.pack("C4")
# => "\177\000\000\001"
//}

: sockaddr_in 構造体
//emlist{
require 'socket'
[Socket::AF...

pack テンプレート文字列 (12.0)

pack テンプレート文字列

...する例
//emlist{
"61 62 63 64 65 66".delete(' ').to_a.pack('H*').unpack('C*')
# => [97, 98, 99, 100, 101, 102]

"61 62 63 64 65 66".split.collect {|c| c.hex}
# => [97, 98, 99, 100, 101, 102]
//}

: バイナリと16進数のpackでは長さ指定は生成されるバイト数で...
...レス
//emlist{
require 'socket'
Socket.gethostbyname("localhost")[3].unpack("C4").join(".")
# => "127.0.0.1"

"127.0.0.1".split(".").collect {|c| c.to_i}.pack("C4")
# => "\177\000\000\001"
//}

: sockaddr_in 構造体
//emlist{
require 'socket'
[Socket::AF...

ConditionVariable (6.0)

スレッドの同期機構の一つである状態変数を実現するクラスです。

...end

alias send enq
alias recv deq
end

if __FILE__ == $0
q = TinyQueue.new(1)
foods = 'Apple Banana Strawberry Udon Rice Milk'.split
l = []

th = Thread.new {
for obj in foods
q.send(obj)
print "sent ", obj, "\n"
end
q.send nil
}...

Kernel$$-K -> String (6.0)

Ruby の認識するマルチバイト文字列エンコーディングです。 変数の値は "EUC" "SJIS" "UTF8" "NONE" のいずれかの文字列です。

...ィングフラグのデフォルト値
* d:spec/literal#regexp
* Regexp.new
* String#upcase
* String#downcase
* String#swapcase
* String#capitalize
* String#inspect
* String#split
* String#gsub
* String#scan

$KCODE はグローバルスコープです。

@see spec/rubycmd...

絞り込み条件を変える

Kernel$$CHILD_STATUS -> Process::Status | nil (6.0)

$? の別名

...English"

out = `wget http://www2.ruby-lang.org/ja/LICENSE.txt -O - 2>/dev/null`

if $CHILD_STATUS.to_i == 0
print "wget success\n"
out.split(/\n/).each { |line|
printf "%s\n", line
}
else
print "wget failed\n"
end...

Kernel$$KCODE -> String (6.0)

Ruby の認識するマルチバイト文字列エンコーディングです。 変数の値は "EUC" "SJIS" "UTF8" "NONE" のいずれかの文字列です。

...ィングフラグのデフォルト値
* d:spec/literal#regexp
* Regexp.new
* String#upcase
* String#downcase
* String#swapcase
* String#capitalize
* String#inspect
* String#split
* String#gsub
* String#scan

$KCODE はグローバルスコープです。

@see spec/rubycmd...

Net::HTTPHeader#canonical_each {|name, value| .... } -> () (6.0)

ヘッダフィールドの正規化名とその値のペアを ブロックに渡し、呼びだします。

...ィールドの正規化名とその値のペアを
ブロックに渡し、呼びだします。

正規化名は name に対し
name.downcase.split(/-/).capitalize.join('-')
で求まる文字列です。...

Net::HTTPHeader#each_capitalized {|name, value| .... } -> () (6.0)

ヘッダフィールドの正規化名とその値のペアを ブロックに渡し、呼びだします。

...ィールドの正規化名とその値のペアを
ブロックに渡し、呼びだします。

正規化名は name に対し
name.downcase.split(/-/).capitalize.join('-')
で求まる文字列です。...

Rubyで使われる記号の意味(正規表現の複雑な記号は除く) (6.0)

Rubyで使われる記号の意味(正規表現の複雑な記号は除く) ex q num per and or  plus minus ast slash hat sq  period comma langl rangl eq tilde  dollar at under lbrarbra  lbra2rbra2 lbra3rbra3 dq colon ac  backslash semicolon

.../regexp を参照。

===[a:slash] /

: 10 / 3

割り算、または類似のメソッド。

: /xxx/

d:spec/literal#regexp。

: '1二三四5'.split(//)

// は空の正規表現を意味する

===[a:hat] ^

: true ^ true

「xor」演算子。排他的論理和。または類似のメソ...

絞り込み条件を変える

Rubyの起動 (6.0)

Rubyの起動 * cmd_option * shebang

...て, オートスプリットモードをONにします。
オートスプリットモードでは各ループの先頭で,
//emlist{
$F = $_.split
//}
が実行されます。`-n'か`-p'オプションが同時に指定されない限り,
このオプションは意味を持ちません...

Shellwords (6.0)

UNIX Bourne シェルの単語分割規則に従った文字列分割と文字列エスケープ を行うモジュールです。

...語分割を行う shellsplit、文字列を
エスケープする shellescape、文字列エスケープを文字列リストに対して適用
する shelljoin の3つのモジュール関数を提供します。

これらのメソッドの別名として、Shellwords.split, Shellwords.escape,
Sh...

String#partition(sep) -> [String, String, String] (6.0)

セパレータ sep が最初に登場する部分で self を 3 つに分割し、 [最初のセパレータより前の部分, セパレータ, それ以降の部分] の 3 要素の配列を返します。

...ます。

@param sep セパレータを表す文字列か正規表現を指定します。

例:

p "axaxa".partition("x") # => ["a", "x", "axa"]
p "aaaaa".partition("x") # => ["aaaaa", "", ""]
p "aaaaa".partition("") # => ["", "", "aaaaa"]

@see String#rpartition, String#split...
<< < 1 2 3 4 > >>