るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
93件ヒット [1-93件を表示] (0.817秒)

別のキーワード

  1. _builtin new
  2. _builtin to_s
  3. _builtin []
  4. _builtin inspect
  5. _builtin each

ライブラリ

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

String#split(sep = $;, limit = 0) -> [String] | [[String]] (26221.0)

第 1 引数 sep で指定されたセパレータによって文字列を limit 個まで分割し、 結果を文字列の配列で返します。

...p " a \t b \n c".split(/\s+/) # => ["", "a", "b", "c"]

p " a \t b \n c".split(nil) # => ["a", "b", "c"]
p " a \t b \n c".split(' ') # => ["a", "b", "c"] # split(nil) と同じ
p " a \t b \n c".split # => ["a", "b", "c"] # split(nil) と同じ

#...
...p '1-10,20'.split(/([-,])/) # => ["1", "-", "10", ",", "20"]

# 正規表現が空文字列にマッチする場合は 1 文字に分割
p 'hi there'.split(/\s*/).join(':') # => "h:i:t:h:e:r:e"

# 文字列全体を 1 文字ずつに分割する例
p 'hi there'.split(//).join(':'...
...'.split(//).join(':') # => "文:字:列"

# limit == 0 だと制限なく分割、配列末尾の空文字列は取り除かれる
p "a,b,c,,,".split(/,/, 0) # => ["a", "b", "c"]

# limit 省略時は 0 と同じ (最もよく使われるパターン)
p "a,b,c,,,".split(/,/)...
...p "a,b,c,,,".split(/,/, 0) # => ["a", "b", "c"]

# limit 省略時は 0 と同じ (最もよく使われるパターン)
p "a,b,c,,,".split(/,/) # => ["a", "b", "c"]

# 正の limit 使用例
p "a,b,c,d,e".split(/,/, 1) # => ["a,b,c,d,e"]
p "a,b,c,d,e".split(/,/, 2) # =...

Kernel.#split(sep = $/, limit = 0) -> [String] (26129.0)

$_.split と同じです。

...$_.split と同じです。

暗号的になりすぎるきらいがあるため、このメソッドの使用は推奨されていません。
今後はより明示的な $_.split を使ってください。

@param sep 文字列を分割するときのセパレータのパターン
@param l...
...imit 分割する最大個数
@see String#split,$_...

File.split(pathname) -> [String] (26101.0)

pathname を dirname とbasename に分割して、2 要 素の配列を返します。

pathname を dirname とbasename に分割して、2 要
素の配列を返します。

[File.dirname(pathname), File.basename(pathname)]

と同じです。

@param pathname パス名を表す文字列を指定します。

Kernel$$-F -> Regexp | String | nil (8028.0)

String#split で引数を省略した場合の区切り文字です。

...String#split で引数を省略した場合の区切り文字です。

nilを設定すると特殊な分割を行います。
詳細は String#split を参照してください。

コマンドラインオプション -F を指定して Ruby を起動した場合、
初期値は -F で指定した...
...値です。
それ以外の時には初期値は nil です。

$; には任意のオブジェクトを代入できます。
ただし、String#split の仕様変更を考慮すると
常に正規表現を指定すべきです。

Ruby のバージョンによらず動作するプログラムを書...

Kernel$$; -> Regexp | String | nil (8028.0)

String#split で引数を省略した場合の区切り文字です。

...String#split で引数を省略した場合の区切り文字です。

nilを設定すると特殊な分割を行います。
詳細は String#split を参照してください。

コマンドラインオプション -F を指定して Ruby を起動した場合、
初期値は -F で指定した...
...値です。
それ以外の時には初期値は nil です。

$; には任意のオブジェクトを代入できます。
ただし、String#split の仕様変更を考慮すると
常に正規表現を指定すべきです。

Ruby のバージョンによらず動作するプログラムを書...

絞り込み条件を変える

Kernel$$-a -> bool (8016.0)

自動 split モードを表すフラグです。

...自動 split モードを表すフラグです。

コマンドラインオプション -a を使ったとき true に設定されます。
この変数には代入できません。

この変数はグローバルスコープです。

@see spec/rubycmd...

Array#pack(template) -> String (8012.0)

配列の内容を template で指定された文字列にしたがって、 バイナリとしてパックした文字列を返します。

...する例
//emlist{
"61 62 63 64 65 66".delete(' ').to_a.pack('H*').unpack('C*')
# => [97, 98, 99, 100, 101, 102]

"61 62 63 64 65 66".split.collect {|c| c.hex}
# => [97, 98, 99, 100, 101, 102]
//}

: バイナリと16進数のpackでは長さ指定は生成されるバイト数で...
...レス
//emlist{
require 'socket'
Socket.gethostbyname("localhost")[3].unpack("C4").join(".")
# => "127.0.0.1"

"127.0.0.1".split(".").collect {|c| c.to_i}.pack("C4")
# => "\177\000\000\001"
//}

: sockaddr_in 構造体
//emlist{
require 'socket'
[Socket::AF...

Enumerable#slice_before {|elt| bool } -> Enumerator (8012.0)

パターンがマッチした要素、もしくはブロックが真を返した要素から 次にマッチする手前までを チャンク化(グループ化)したものを繰り返す Enumerator を 返します。

...ols]
h[:cols] = w.length
true
else
false
end
}
end
text = (1..20).to_a.join(" ")
enum = wordwrap(text.split(/\s+/), 10)
puts "-"*10
enum.each {|ws| puts ws.join(" ") }
puts "-"*10
#=> ----------
# 1 2 3 4 5
# 6 7 8 9 10
# 11 12 13
#...
...== "\n"
fields = header.slice_before {|line| !" \t".include?(line[0]) }.to_a
p unix_from
pp fields
pp body
}
}

# split mails in mbox (slice before Unix From line after an empty line)
open("mbox") {|f|
f.slice_before(emp: true) {|line,h|
prevemp = h[:emp...

Enumerable#slice_before(initial_state) {|elt, state| bool } -> Enumerator (8012.0)

パターンがマッチした要素、もしくはブロックが真を返した要素から 次にマッチする手前までを チャンク化(グループ化)したものを繰り返す Enumerator を 返します。

...ols]
h[:cols] = w.length
true
else
false
end
}
end
text = (1..20).to_a.join(" ")
enum = wordwrap(text.split(/\s+/), 10)
puts "-"*10
enum.each {|ws| puts ws.join(" ") }
puts "-"*10
#=> ----------
# 1 2 3 4 5
# 6 7 8 9 10
# 11 12 13
#...
...== "\n"
fields = header.slice_before {|line| !" \t".include?(line[0]) }.to_a
p unix_from
pp fields
pp body
}
}

# split mails in mbox (slice before Unix From line after an empty line)
open("mbox") {|f|
f.slice_before(emp: true) {|line,h|
prevemp = h[:emp...

Enumerable#slice_before(pattern) -> Enumerator (8012.0)

パターンがマッチした要素、もしくはブロックが真を返した要素から 次にマッチする手前までを チャンク化(グループ化)したものを繰り返す Enumerator を 返します。

...ols]
h[:cols] = w.length
true
else
false
end
}
end
text = (1..20).to_a.join(" ")
enum = wordwrap(text.split(/\s+/), 10)
puts "-"*10
enum.each {|ws| puts ws.join(" ") }
puts "-"*10
#=> ----------
# 1 2 3 4 5
# 6 7 8 9 10
# 11 12 13
#...
...== "\n"
fields = header.slice_before {|line| !" \t".include?(line[0]) }.to_a
p unix_from
pp fields
pp body
}
}

# split mails in mbox (slice before Unix From line after an empty line)
open("mbox") {|f|
f.slice_before(emp: true) {|line,h|
prevemp = h[:emp...

絞り込み条件を変える

Enumerator::Lazy (8012.0)

map や select などのメソッドの遅延評価版を提供するためのクラス。

...配列を確保しようとしてメモリを使い切ったりはしない
open("log.txt"){|f|
f.each_line.lazy.map{|line|
Hash[line.split(/\t/).map{|s| s.split(/:/, 2)}]
}.select{|hash|
hash["req"] =~ /GET/ && hash["status"] == "200"
}.each{|hash|
p hash
}
}...

String#unpack(template) -> Array (8012.0)

Array#pack で生成された文字列を テンプレート文字列 template にしたがってアンパックし、 それらの要素を含む配列を返します。

...する例
//emlist{
"61 62 63 64 65 66".delete(' ').to_a.pack('H*').unpack('C*')
# => [97, 98, 99, 100, 101, 102]

"61 62 63 64 65 66".split.collect {|c| c.hex}
# => [97, 98, 99, 100, 101, 102]
//}

: バイナリと16進数のpackでは長さ指定は生成されるバイト数で...
...レス
//emlist{
require 'socket'
Socket.gethostbyname("localhost")[3].unpack("C4").join(".")
# => "127.0.0.1"

"127.0.0.1".split(".").collect {|c| c.to_i}.pack("C4")
# => "\177\000\000\001"
//}

: sockaddr_in 構造体
//emlist{
require 'socket'
[Socket::AF...

Kernel$$-K -> String (8006.0)

Ruby の認識するマルチバイト文字列エンコーディングです。 変数の値は "EUC" "SJIS" "UTF8" "NONE" のいずれかの文字列です。

...ィングフラグのデフォルト値
* d:spec/literal#regexp
* Regexp.new
* String#upcase
* String#downcase
* String#swapcase
* String#capitalize
* String#inspect
* String#split
* String#gsub
* String#scan

$KCODE はグローバルスコープです。

@see spec/rubycmd...

Kernel$$KCODE -> String (8006.0)

Ruby の認識するマルチバイト文字列エンコーディングです。 変数の値は "EUC" "SJIS" "UTF8" "NONE" のいずれかの文字列です。

...ィングフラグのデフォルト値
* d:spec/literal#regexp
* Regexp.new
* String#upcase
* String#downcase
* String#swapcase
* String#capitalize
* String#inspect
* String#split
* String#gsub
* String#scan

$KCODE はグローバルスコープです。

@see spec/rubycmd...

String#partition(sep) -> [String, String, String] (8006.0)

セパレータ sep が最初に登場する部分で self を 3 つに分割し、 [最初のセパレータより前の部分, セパレータ, それ以降の部分] の 3 要素の配列を返します。

...ます。

@param sep セパレータを表す文字列か正規表現を指定します。

例:

p "axaxa".partition("x") # => ["a", "x", "axa"]
p "aaaaa".partition("x") # => ["aaaaa", "", ""]
p "aaaaa".partition("") # => ["aaaaa", "", ""]

@see String#rpartition, String#split...
...ます。

@param sep セパレータを表す文字列か正規表現を指定します。

例:

p "axaxa".partition("x") # => ["a", "x", "axa"]
p "aaaaa".partition("x") # => ["aaaaa", "", ""]
p "aaaaa".partition("") # => ["", "", "aaaaa"]

@see String#rpartition, String#split...

絞り込み条件を変える

String#rpartition(sep) -> [String, String, String] (8006.0)

セパレータ sep が最後に登場する部分で self を 3 つに分割し、 [最後のセパレータより前の部分, セパレータ, それ以降の部分] の 3 要素の配列を返します。

...第 1 要素と第 2 要素が空文字列になります。

@param sep セパレータを表す文字列か正規表現を指定します。

例:

p "axaxa".rpartition("x") # => ["axa", "x", "a"]
p "aaaaa".rpartition("x") # => ["", "", "aaaaa"]

@see String#partition, String#split...

Thread::ConditionVariable (8006.0)

スレッドの同期機構の一つである状態変数を実現するクラスです。

...end

alias send enq
alias recv deq
end

if __FILE__ == $0
q = TinyQueue.new(1)
foods = 'Apple Banana Strawberry Udon Rice Milk'.split
l = []

th = Thread.new {
for obj in foods
q.send(obj)
print "sent ", obj, "\n"
end
q.send nil
}...

Syck.add_builtin_type(type_tag) {|type, val| ...} -> nil (6113.0)

yaml.org,2002ドメインに属しているクラスをYAMLに追加し そのクラスを見つけたときの操作を指定します。

...YAML.load(str2)
#=> #<YAML::DomainType:0x2b0767c @type_id="Rational", @domain="yaml.org,2002", @value="3/4">

YAML.add_builtin_type("Rational"){|type, val|
md = val.split(/\//)
Rational.new!(md[0].to_i, md[1].to_i)
}

p YAML.load(str1)
#=> #<YAML::DomainType:0x2b06fec @type_id="R...

YAML.add_builtin_type(type_tag) {|type, val| ...} -> nil (6113.0)

yaml.org,2002ドメインに属しているクラスをYAMLに追加し そのクラスを見つけたときの操作を指定します。

...YAML.load(str2)
#=> #<YAML::DomainType:0x2b0767c @type_id="Rational", @domain="yaml.org,2002", @value="3/4">

YAML.add_builtin_type("Rational"){|type, val|
md = val.split(/\//)
Rational.new!(md[0].to_i, md[1].to_i)
}

p YAML.load(str1)
#=> #<YAML::DomainType:0x2b06fec @type_id="R...