るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
90件ヒット [1-90件を表示] (0.094秒)
トップページ > クエリ:File.split[x]

別のキーワード

  1. _builtin file?
  2. _builtin file
  3. open file
  4. file chmod
  5. file open

検索結果

File.split(pathname) -> [String] (62113.0)

pathname を dirname とbasename に分割して、2 要 素の配列を返します。

...pathname を dirname とbasename に分割して、2 要
素の配列を返します。

[File.dirname(pathname), File.basename(pathname)]

と同じです。

@param pathname パス名を表す文字列を指定します。...

Pathname#split -> Array (18167.0)

File.split(self.to_s) と同じです。

...File.split(self.to_s) と同じです。

@see File.split...

Shell#split(pathname) -> [String] (18135.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

...
File
クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param pathname パス名を表す文字列を指定します。

@see File.split...

Shell::CommandProcessor#split(pathname) -> [String] (18135.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

...
File
クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param pathname パス名を表す文字列を指定します。

@see File.split...

Shell::Filter#split(pathname) -> [String] (18135.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

...
File
クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param pathname パス名を表す文字列を指定します。

@see File.split...

絞り込み条件を変える

FileUtils#split_all(path) -> Array (9107.0)

与えられたパスをディレクトリごとに分割します。

...与えられたパスをディレクトリごとに分割します。

@param path 分割するパスを指定します。

例:
split
_all("a/b/c") => ['a', 'b', 'c']...

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (468.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...り、(({$?})) の値も整数からこのクラ
スのインスタンスになりました。

=== クラス階層

: ((<File::Constants>))

File
::Constants は、File クラスでなく IO クラスが include するように
なりました。((<ruby-dev:20964>))

: ((<UnboundMethod>)) [com...
...。($deferr はすぐに obsolete に
なりました。$stderr を使ってください)

=== ARGF

: ((<ARGF/ARGF.path>)) [new]

追加 (ARGF.filename の別名) ((<ruby-dev:20197>))

=== Array

: ((<Array#transpose|Array/transpose>)) [new]

追加

: ((<Array#zip|Enumerable/zip>)) [new]
: (...
...(<Enumerable#inject|Enumerable/inject>)) [new]
追加

=== File

: ((<File/File.extname>)) [new]

追加。ファイル名の拡張子を返します。((<ruby-talk:37617>))

: ((<File/File.fnmatch>)) [new]
: ((<File/File.fnmatch?>)) [new]
追加

このメソッドで使用す...

ruby 1.8.4 feature (378.0)

ruby 1.8.4 feature ruby 1.8.4 での ruby 1.8.3 からの変更点です。

...ture/test [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/File.identical? [new]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/FileTest.identical? [new]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/File.split [change]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/File.basename [change]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/File.dirname [change]>))
* ((<ruby 1.8.4 featu...
...1.8.4 feature/File.basename (Win全般) [change]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/File.dirname (Win全般) [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/File::Stat#pipe? [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/Array#fill [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/String#scan [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/File.join [bug]>)...
...re:06672>))

: File.identical? [new]
: FileTest.identical? [new]

test(?-, ...) の代替メソッドとして追加。

: File.split [change]
: File.basename [change]
: File.dirname [change]

#Tue Nov 22 14:46:57 2005 NAKAMURA Usaku <usa@ruby-lang.org>
#
# * file.c (rb_file_s_basename):...

ruby 1.6 feature (204.0)

ruby 1.6 feature ruby version 1.6 は安定版です。この版での変更はバグ修正がメイン になります。

...ったため、enq などを
呼び出したときスーパークラス Queue の enq が実行されていました。

: 2002-09-11: ((<tempfile/Tempfile#size>))

追加 ((<ruby-dev:17221>))

: 2002-09-09

mswin32 版と mingw32 版の ruby で、1.6.6の頃から ruby の子プロセスに...
...by-dev:18145>))

: 2002-08-20 File.expand_path

Cygwin 1.3.x ((<ruby-bugs-ja:PR#299>))

p File.expand_path('file', 'c:/')

=> ruby 1.6.7 (2002-03-01) [i586-linux]
/tmp/c:/file
=> ruby 1.6.7 (2002-08-21) [i586-linux]
c:/file

: 2002-08-19 Thread (win)...
...-03-01) [i586-linux]
true
=> ruby 1.6.7 (2002-08-21) [i586-linux]
false

# : 2002-08-01 IO#read, gets ..., etc.
#
# File::NONBLOCK を指定した IO の読み込みで EWOULDBLOCK が発生すると、
# 途中まで読んだデータが失われることがあ...

DOSISH 対応 (150.0)

DOSISH 対応 ruby version 1.7 では、DOSISH対応(DOS/Windows のパス名の扱いに対する変 更)が含まれています。(現在の)変更点を以下に示します。

...議論が継続されています。
現時点では、Fileの各メソッドに対する\対応, マルチバイトパス名対応, UNC 対応が実装されています。13817, 14097

以下、各メソッドの挙動について...

: File.dirname

パスセパレータとして従来の/に...
...れています。

p File.basename("C:\\foo\\bar")

=> ruby 1.6.4 (2001-06-04) [i586-mswin32]
"C:\\foo\\bar"

=> ruby 1.7.1 (2001-08-16) [i586-mswin32]
"bar"

: File.split

File
.dirname と File.basename が変更されているので、File.split もそれに準じた...
...結果を返します。

: File.expand_path

ドライブレター対応に関して、下記のような案が提示されています。

Dir.chdir("D:/")
p File.expand_path("C:foo", "C:/bar")
p File.expand_path("D:foo", "C:/bar")

=> ruby 1.6.4 (2001-06-04) [i586-mswin32]...

絞り込み条件を変える

ruby 1.9 feature (108.0)

ruby 1.9 feature ruby version 1.9.0 は開発版です。 以下にあげる機能は将来削除されたり互換性のない仕様変更がなされるかもしれません。 1.9.1 以降は安定版です。 バグ修正がメインになります。

...
* [platform]: 対応プラットフォームの追加

== 1.9.0

=== 2006-09-16

: Struct#inspect

=== 2006-09-14

: digest.rb
: Digest::Base.file

=== 2006-09-13

: Hash#compare_by_identity
: Hash#compare_by_identity?
: Hash#identical
: Hash#identical?

=== 2006-09-12

: Hash#compare_by_ident...
...-05-22

: accept

((<ruby-core:7917>))

=== 2006-03-21

: MatchData#[] [compat]

名前による参照
((<ruby-dev:28446>))

=== 2006-03-03

: FileUtils.cp_r [lib] [compat]

remove_destination オプションの追加
((<ruby-dev:28417>))

=== 2006-02-15

: instance_eval

((<ruby-core:73...
...[obsolete]
: gsub! [obsolete]
: chop [obsolete]
: chop! [obsolete]
: chomp [obsolete]
: chomp! [obsolete]
: split [obsolete]
: scan [obsolete]

削除

=== 2005-10-21
: funcall [new]

fcall から改名

: Module#instance_exec [new]...

find (36.0)

ディレクトリ配下のファイルを探索するためのモジュールです。

...人が書き込み可能な危険なコマンドを探す

for dir in ENV['PATH'].split(File::PATH_SEPARATOR)
Find.find(dir) do |fpath|
if File.file?(fpath) and (File.stat(fpath).mode & 022) != 0
printf("file %s is writable from other users\n", fpath)
end
end
end...

ConditionVariable (12.0)

スレッドの同期機構の一つである状態変数を実現するクラスです。

...if count == (@max - 1)
v
}
end

alias send enq
alias recv deq
end

if __FILE__ == $0
q = TinyQueue.new(1)
foods = 'Apple Banana Strawberry Udon Rice Milk'.split
l = []

th = Thread.new {
for obj in foods
q.send(obj)
print "sent ", o...

Thread::ConditionVariable (12.0)

スレッドの同期機構の一つである状態変数を実現するクラスです。

...if count == (@max - 1)
v
}
end

alias send enq
alias recv deq
end

if __FILE__ == $0
q = TinyQueue.new(1)
foods = 'Apple Banana Strawberry Udon Rice Milk'.split
l = []

th = Thread.new {
for obj in foods
q.send(obj)
print "sent ", o...