Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Kernelモジュール > $-v

variable $-v

$VERBOSE -> bool | nil[permalink][rdoc]
$-v -> bool | nil
$-w -> bool | nil

冗長メッセージフラグです。Rubyインタプリタへの コマンドラインオプション -v でセットされます。

警告レベルは三段階あり、それぞれ以下の通りです。

nil

警告を出力しない

false

重要な警告のみ出力 (デフォルト)

true

すべての警告を出力する

$VERBOSE に nil, false 以外を代入すると値は true になります。

$VERBOSE の値はコマンドラインオプション -W でも設定できます。 -W0 オプションで nil、 -W1 オプションで false、 -W2, -W オプションで true が設定されます。 -v オプションや -w オプションを指定した場合は true が設定されます。

$VERBOSE はグローバルスコープです。

[SEE_ALSO] Rubyの起動