Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Kernelモジュール > $-I

variable $-I

$: -> [String][permalink][rdoc]
$LOAD_PATH -> [String]
$-I -> [String]

Rubyライブラリをロードするときの検索パスです。

Kernel.#loadKernel.#require がファイルをロードする時に検索するディレクトリのリストを含む配列です。

起動時にはコマンドラインオプション -I で指定したディレクトリ、 環境変数 RUBYLIB の値、 コンパイル時に指定したデフォルト値 をこの順番で含みます。

以下に典型的な UNIX システム上でのロードパスを示します。

-I で指定したパス
環境変数 RUBYLIB の値
/usr/local/lib/ruby/site_ruby/VERSION        サイト固有、バージョン依存のライブラリ
/usr/local/lib/ruby/site_ruby/VERSION/ARCH   サイト固有、システム依存、拡張ライブラリ
/usr/local/lib/ruby/site_ruby                サイト固有ライブラリ
/usr/local/lib/ruby/VERSION                  標準ライブラリ
/usr/local/lib/ruby/VERSION/ARCH             標準、システム依存、拡張ライブラリ

上記表中の VERSION は Ruby のバージョンを表す文字列で、 「1.6」や「1.8」です。 ARCH はハードウェアと OS を表す文字列で、 「i686-linux」や「alpha-osf5.1」などです。 ARCH の値は Config::CONFIG['arch'] で得られます。

コンパイル時のデフォルトパスは 多くの UNIX システムでは "/usr/local/lib/ruby" です。 mswin32mingw32Cygwinbccwin32mswince 環境では ruby.dll の位置からの相対で決まります。 DJGPPemx (OS/2) では ruby.exe の位置からの相対で決まります。

require 'foo' を実行すると、 以下のように foo.rb と foo.so が交互に探索されます。

/usr/local/lib/ruby/site_ruby/VERSION/foo.rb
/usr/local/lib/ruby/site_ruby/VERSION/foo.so
/usr/local/lib/ruby/site_ruby/VERSION/ARCH/foo.rb
/usr/local/lib/ruby/site_ruby/VERSION/ARCH/foo.so
  :
  :

なお、共有ライブラリの拡張子が .so でないシステムでは 「.so」が適切な拡張子に変更されます。 例えば HP-UX では require 'foo.so' とすると foo.sl を検索します。 したがって Ruby で記述されたコードでは常に .so を使うべきです。

なお、ロードパスをコマンドラインから調べるには

$ ruby -e 'puts $:'

とします。

この変数はグローバルスコープです。

[SEE_ALSO] Rubyの起動, 環境変数