Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > tracerライブラリ

library tracer

要約

実行トレース出力をとる機能を提供します。

使い方は大きく分けて2通り。

ひとつは以下のようにコマンドラインから Kernel.#require する方法です。 hoge.rb の実行をすべてトレース出力します。

ruby -rtracer hoge.rb

もうひとつはソースからrequireする方法です。

require 'tracer'

とした後

Tracer.on

によりトレース出力を有効にします。

Tracer.off

によりトレース出力を無効にします。

また、ブロック付きで Tracer.on を呼び出すと、そのブロック内のみ トレースを出力します。

サンプルコード

# 例: 式の評価の中でHogeクラスのメソッドが呼び出される時、トレースする。

# ruby 1.8 では警告がでますが、動作します。
require 'tracer'

class Hoge
  def Hoge.fuga(i)
    "fuga #{i}"
  end
end

Tracer.add_filter {|event, file, line, id, binding, klass|
  event =~ /line/ and klass.to_s =~ /hoge/i
}
Tracer.on
for i in 0..3
  puts Hoge.fuga(i) if i % 3 == 0
end
Tracer.off

SEE ALSO

Kernel.#set_trace_func

クラス

Tracer

実行トレース出力をとる機能を提供するクラスです。