Ruby 2.5.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > fcntlライブラリ

library fcntl

要約

ファイルディスクリプタを扱う Unix のシステムコール IO#fcntl (つまり fcntl(2)) で使用できる定数を集めたモジュールです。

例:

require "fcntl"
m = s.fcntl(Fcntl::F_GETFL, 0)
f.fcntl(Fcntl::F_SETFL, Fcntl::O_NONBLOCK|m)

require 'fcntl'

fd = IO::sysopen('/tmp/tempfile',
     Fcntl::O_WRONLY | Fcntl::O_EXCL | Fcntl::O_CREAT)
f = IO.open(fd)
f.syswrite("TEMP DATA")

f.close

モジュール

Fcntl

ファイルディスクリプタを扱う Unix のシステムコール IO#fcntl (つまりfcntl(2)) で使用できる定数を集めたモジュールです。