Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > webrick/httpservlet/prochandlerライブラリ > WEBrick::HTTPServlet::ProcHandlerクラス

class WEBrick::HTTPServlet::ProcHandler

クラスの継承リスト: WEBrick::HTTPServlet::ProcHandler < WEBrick::HTTPServlet::AbstractServlet < Object < Kernel < BasicObject

要約

Proc を扱うためのサーブレット。

WEBrick::HTTPServer#mount に引数として与えることは出来ません。 WEBrick::HTTPServer#mount_procを使ってください。

目次

特異メソッド
new
インスタンスメソッド
do_GET do_POST get_instance

特異メソッド

new(proc) -> WEBrick::HTTPServlet::ProcHandler[permalink][rdoc]

自身を初期化します。

[PARAM] proc:
Proc オブジェクトを与えます。クライアントからのリクエストがあった時、 proc.call(request, response) のように呼び出されます。 request, response はそれぞれ WEBrick::HTTPRequest オブジェクトと WEBrick::HTTPResponse オブジェクトです。

インスタンスメソッド

do_GET(request, response) -> ()[permalink][rdoc]
do_POST(request, response) -> ()

GET, POST リクエストを処理します。

[PARAM] request:
クライアントからのリクエストを表す WEBrick::HTTPRequest オブジェクトです。
[PARAM] response:
クライアントへのレスポンスを表す WEBrick::HTTPResponse オブジェクトです。
get_instance(server, *options) -> self[permalink][rdoc]

何もせずに自身を返します。

[PARAM] server:
WEBrick::HTTPServer#mount 第3引数以降に指定された値がそのまま与えられます。
[PARAM] options:
WEBrick::HTTPServer#mount 第3引数以降に指定された値がそのまま与えられます。

[SEE_ALSO] WEBrick::HTTPServlet::AbstractServlet.get_instance