Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > webrick/httpauth/userdbライブラリ > WEBrick::HTTPAuth::UserDBモジュール

module WEBrick::HTTPAuth::UserDB

クラスの継承リスト: WEBrick::HTTPAuth::UserDB

要約

WEBrick::HTTPAuth::BasicAuth, WEBrick::HTTPAuth::DigestAuth で使用しているモジュールです。

目次

インスタンスメソッド
auth_type auth_type= get_passwd make_passwd set_passwd

インスタンスメソッド

auth_type -> Class[permalink][rdoc]

WEBrick::HTTPAuth::BasicAuth, WEBrick::HTTPAuth::DigestAuth のいずれかを返します。

auth_type=(type)[permalink][rdoc]

認証のタイプをセットします。

[PARAM] type:
WEBrick::HTTPAuth::BasicAuth, WEBrick::HTTPAuth::DigestAuth のいずれかを指定します。
get_passwd(realm, user, reload_db = false) -> String[permalink][rdoc]

与えられたレルムとユーザ名からパスワードのハッシュ値を取得して返します。

[PARAM] realm:
レルムを指定します。
[PARAM] user:
ユーザ名を指定します。
[PARAM] reload_db:
無視されます。
make_passwd(realm, user, pass) -> String[permalink][rdoc]

WEBrick::HTTPAuth::UserDB#auth_type の make_passwd を呼び出します。

[PARAM] realm:
レルムを指定します。
[PARAM] user:
ユーザ名を指定します。
[PARAM] pass:
パスワードを指定します。

[SEE_ALSO] WEBrick::HTTPAuth::BasicAuth#make_passwd, WEBrick::HTTPAuth::DigestAuth#make_passwd

set_passwd(realm, user, pass)[permalink][rdoc]

与えられた情報をもとに、パスワードをハッシュ化して保存します。

[PARAM] realm:
レルムを指定します。
[PARAM] user:
ユーザ名を指定します。
[PARAM] pass:
パスワードを指定します。