Ruby 2.6.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > timeoutライブラリ > Timeout::Errorクラス

class Timeout::Error

クラスの継承リスト: Timeout::Error < RuntimeError < StandardError < Exception < Object < Kernel < BasicObject
aliases: TimeoutError

要約

timeout で定義される例外クラスです。 関数 timeout がタイムアウトすると発生します。

timeout を使うライブラリを作成する場合は、ユーザが指定した timeout を捕捉しないようにライブラリ内で TimeoutError のサブクラスを 定義して使用した方が無難です。

==> foo.rb <==
require 'timeout.rb'
class Foo
  FooTimeoutError = Class.new(TimeoutError)
  def longlongtime_method
    Timeout.timeout(100, FooTimeoutError) {
       ...
    }
  end
end

==> main.rb <==
require 'foo'
timeout(5) {
  Foo.new.longlongtime_method
}

目次