class Socket::Ifaddr

要約

getifaddrs(3) の結果を表すクラスです。

目次

インスタンスメソッド

継承しているメソッド

インスタンスメソッド

addr -> Addrinfo | nil[permalink][rdoc]

self のアドレスを Addrinfo オブジェクトで返します。 self が利用できない場合は nil を返します。

broadaddr -> Addrinfo | nil[permalink][rdoc]

self のブロードキャストアドレスを Addrinfo オブジェクトで返します。 self.flags で Socket::IFF_BROADCAST が有効ではない場合は nil を返します。

dstaddr -> Addrinfo | nil[permalink][rdoc]

self の宛先アドレスを Addrinfo オブジェクトで返します。 self.flags で Socket::IFF_POINTOPOINT が有効ではない場合は nil を返します。

flags -> Integer[permalink][rdoc]

self に指定された flags の値を返します。

ifindex -> Integer[permalink][rdoc]

self のインターフェイスのインデックスを返します。

inspect -> String[permalink][rdoc]

self の情報を人間に読みやすい文字列にして返します。

name -> String[permalink][rdoc]

self のインターフェイス名を返します。

netmask -> Addrinfo | nil[permalink][rdoc]

self のネットマスクを Addrinfo オブジェクトで返します。 self が利用できない場合は nil を返します。

vhid -> Integer | nil[permalink][rdoc]

self のバーチャルホストIDを返します。バーチャルホストIDがない場合は nil を返します。

サポートされていない環境ではメソッド自体が定義されていません。