Ruby 2.5.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > rssライブラリ > RSS::Maker::RSSBaseクラス

class RSS::Maker::RSSBase

クラスの継承リスト: RSS::Maker::RSSBase < Object < Kernel < BasicObject

要約

RSSのルート要素を生成するオブジェクトです.

maker.channelを適切に設定しなければRSSは生成されません.

目次

インスタンスメソッド
channel encoding encoding= image items rss_version standalone standalone= textinput version version= xml_stylesheets

インスタンスメソッド

channel[permalink][rdoc]

[TODO]

channel要素を生成するオブジェクトを返します.

encoding[permalink][rdoc]

[TODO]

作成するXMLのエンコーディングを返します.デフォルトは UTF-8です.

encoding=()[permalink][rdoc]

[TODO]

作成するXMLのエンコーディングを設定します.maker に設定する際のエンコーディングはここで指定したものにす る必要があります.

image[permalink][rdoc]

[TODO]

image要素を生成するオブジェクトを返します.

items[permalink][rdoc]

[TODO]

item要素を生成するオブジェクトを管理するオブジェクトを 返します.

rss_version[permalink][rdoc]

[TODO]

作成するRSSのバージョンを返します.

standalone[permalink][rdoc]

[TODO]

作成するXMLのstandaloneを返します.

standalone=()[permalink][rdoc]

[TODO]

作成するXMLのstandaloneを設定します.

textinput[permalink][rdoc]

[TODO]

textinput要素を生成するオブジェクトを返します.

version[permalink][rdoc]

[TODO]

作成するXMLのバージョンを返します.

version=()[permalink][rdoc]

[TODO]

作成するXMLのバージョンを設定します.

xml_stylesheets[permalink][rdoc]

[TODO]

xml_stylesheetを管理するオブジェクトを返します.